岐阜市 放課後等デイ

ナナホシぎふブログ

 

子どもたちの活動や、日々の出来事を更新していきます♪

 

 

 

サーキットあそびを行いました!

 

2022 5/19

 いつもご覧いただきありがとうございます。最近の子どもたちの様子を紹介します。先週の水曜日は、子どもたちといっしょに「サーキット遊び」を行いました。

 

 サーキット遊びとは、コース上に様々な運動課題を設定し、スタートとゴール地点を同じ地点にすることで、繰り返し行うことができる遊びをいいます。様々な運動課題を繰り返し行うことで、しぜんと体力と運動機能を高めることができます。

 

先週の水曜日は、このサーキット遊びを「運動会」と題して子どもたちと遊びました。2人で競い合ってどちらが先にゴールができるかというルールで行いました。

 

今回設定した運動課題は以下の通りです。

 

スタート!

     直線を走る。

     マットに寝転がり、回転しながらマットの端まで行く。

     三角上のマットをハードルのように飛び越える。

     ブルーシートのなかをハイハイまたは匍匐(ほふく)前進で進む。

     散乱したマットの上だけを飛び跳ねるようにして踏んで進む。

ゴール

 

 

 子どもたちは「運動会」を行うことを知ると、早速練習に取り掛かりました。サーキットコースをぐるぐる何度も繰り返し行い、どうしたら速くゴールできるのかいろんな身体の使い方を考えながら動くことができました。

 

運動会本番では大盛り上がりで、デッドヒート状態な2人の対決も見られました。がんばれー!と仲間を励ましあう姿もあり、応援にも熱が入っていましたよ!

 

回転したり、上下に動いたり、飛び跳ねたり、いろんな動きがコース一周のなかでできたことが楽しかったようで、運動会が終わった後も「〇〇くん一緒に対決しよー!」「〇〇先生勝負!」と言って、いろんな人を誘って一緒にサーキット遊びを行うことができました。

 

 

 サーキット遊びの良さは、子どもたちの運動能力に合わせて、コースの運動課題を変更できることです。今後も子どもたちの体力や運動能力に合ったもの且つ、楽しく身体を動かせるサーキットコースを考えて実践していきたいと思います!

 

                                                         杉山

 

 

 

 

 

 

 

ダイラタンシー現象??

2022 5/17

 いつもご覧いただきありがとうございます。先週の土曜日は、片栗粉と水を使った感触遊びを行いました🌟

 

まず始めに「ダイラタンシー現象」について説明します!作り方は簡単で片栗粉と水を2:1の割合で混ぜることによってできます。仕組みとしては、片栗粉(でんぷん粉)の粒子に力を加えると表面の水が内部に入り込み、その結果表面が乾いた状態になるため、握ると固まります。また、圧力を弱めると粒子の内部に入った水が外に出るため液状になります。この現象をダイラタンシー現象と言います。

 

子どもたちは、力を入れると取れなくて、優しく触れると水のように流れ落ちていくといった変わった液体に大興奮でした!!

「固すぎて取れない」と言っていたお友だちも徐々に取り方のコツを覚え、楽しむ姿が見られました。

「叩いてみたらどうなるかな」「団子に出来るかな?」と不思議な感触に「先生見てすごいよ!!」の声が鳴りやみませんでした

 

その後は色を入れて、風船スクイーズにして遊びました🎈

 

「絵具はどのくらい入れる?」「黄緑を作るには何色と何色かな?」と自分たちで考えながら進めることができていました!!

最後はみんなで雑巾がけ競争をして掃除しました。

簡単な遊びなのでぜひお家でもやってみてください!!

 

感触遊びは、指先をよく使い、大脳を刺激してくれるので発育に大切な遊びです。

今後も感触遊びを取り入れた活動、イベントを考えていきます🌟

 

 

江島

 

 

 

 

 

 

リーダーが活躍♪本荘公園🌳

 

2022 5/9

いつもご覧いただきありがとうございます。新年度がスタートして早くも1カ月が経ちました。楽しかったゴールデンウィークも終わり、少し疲れが出てくる頃かもしれません。体調管理に注意しながら、今月も楽しんで過ごしていきたいと思います!

 

先日の土曜日は午前、午後グループの二手に分かれて本荘公園に歩いて行ってきました。今回はいつも公園に行くイベントと少し違い、リーダーの役割を設けました。リーダーの役割は、人数確認、時間管理、交通ルールに関する呼びかけ、集団遊びの促しです。今回は新6年生のお友だちがリーダー役を引き受けてくれました。

 

 散歩に行く前には、リーダー会議を開き、リーダーのお仕事の確認を行いました。また、交通上の注意点や散歩コースを把握できるように、パソコンのマップで確認を行いました。さらに時間行動がスムーズに行くように、スケジュール表、時計を配布し、時間管理の徹底をお願いしました。

 

 多くのお題を課したのですが、立場が人を変えるという言葉通り、リーダーに選ばれた子たちは精一杯みんなをまとめてくれました。

 

 

 リーダーさんたちは、お散歩の途中で時計やスケジュール表を見て時間を確認していたり、横断歩道を渡るときは「ここ、気を付けて左右見てね」とみんなに声をかけてくれたりしてくれました。

 

 公園での集団活動では、午前組はドッジボール、増やし鬼ごっこ、氷鬼を行ないました。午後組は、ドッジボール、だるまさんが転んだ、かくれんぼができました。遊びのなかでリーダーさんたちの「集まって!」「時間は〇時までね」という声かけにすぐに応える周りの子たちの協力する姿も素敵でした✨

 

 

 リーダーという経験をすることで、主体性、共感力、やり抜く力といったものが育ちます。また、周りの子たちもリーダーを支えることで、思いやりや協調性といった社会性が育ちます。今後も、リーダーを中心に子どもたち同士で動けるようなそういった機会や場面をたくさん考えてつくり、子どもたちの成長を促していきたいと思います♪

 

                                                           杉山

 

 

 

 

 

 

🌎宇宙航空博物館に行ったよ🌌

2022 5/2

いつもご覧いただきありがとうございます。先週の土曜日は航空宇宙博物館へ行ってきました🌟

初めて行く子も多く、とてもワクワクしていた子ども達。

大きな飛行機を実際に見ることができ、迫力満点の展示物に「かっこいい!飛行機乗ってみたい!」と憧れる子もいました♪

文字を読むことが少し苦手な子も、興味のある乗り物に触れることで積極的に飛行機の名前を読んだりお互いに歴史を教え合ったりと勉強しながら楽しむことができました。

また、お土産コーナーでは実際に宇宙食も売られていて「宇宙飛行士はこれ食べてるの!?」と新しい発見もあり、子どもたちも興味津々でした✨

 

当日は天候が良く快晴だったので屋上にも登ることができました!

屋上から大きな飛行機を眺め、「飛行機を上から見るの初めて…!」と感動する姿が見られ、可愛らしい子ども達でした😊

屋外の公園や芝生でも体を動かし、後半は鬼ごっこに参加する等元気いっぱいだった子ども達。

今後も子どもたちが多くのことを経験・吸収できるように様々な活動やイベントを考えていきます♪

伏屋

ドキドキ!スパイごっこ🕶

2022 4/25

いつもご覧いただきありがとうございます。最近ナナホシで行った遊びを紹介します。

題名にもある通り、「スパイごっこ」です。どんな遊び!?と疑問を抱かれると思いますが、室内を下の写真のように装飾しました・・・

写真で分かる通り、たくさんの紙テープを張り巡らせて、それに当たらないようにしながら反対の壁まで進んでいくという遊びです😲

見た目だけでもとても楽しそうな様子が伝わり、始める前から「なにこれ!」「何の遊び!?」とみんな興味津々で、実際に遊んでみてもとても面白かったようでたくさんの子が参加してくれました♪

 

この遊びは、ただ面白いだけでなく

・体が当たらないように周りをしっかり見る

・体が当たらないように適切な場所を見極めながら動く

・ぶつからないようにゆっくり進む(意外とこれが難しい子がいます)

・体が当たらないような体勢を一定時間維持する

 

というように、様々な能力が必要とされます。

遊びながらどのように動くかを考えて取り組めるため、子どもたちの発達にも役立ちます😌

 

終わった後には、積極的にテープを外してすぐに片づける子の姿がありましたよ!

 

この遊びも「またやりたい!」との声が多かったため、また行おうと思います!

大津

🏞フィールドアスレチック一宮に行ってきたよ🏞

2022 4/25

いつもご覧いただきありがとうございます。

先週の土曜日はイベントでフィールドアスレチック一宮に行きました。

フィールドアスレチック一宮は、木々に囲まれたエリア内になんと18ものアスレチックが集っている公園なんです!

ナナホシではじめて行く場所ということでみんなとっても楽しみにしていました♪

公園内ではペアになり、行きたい場所を相談しながら回りました。

アスレチックの番号通りに進むペア、行きたいアスレチックから回るペア・・・自分だけでなく、ペアのお友だちの意見も聞きながら回っている姿がありました✨

 

はじめてのアスレチックに「怖い・・・」と戸惑いつつも、スタッフやペアのお友だちからの励ましを受けて挑戦し、終わった後には「めっちゃ楽しかった!」と目をきらきら輝かせながら楽しんでいる子が何人もいて、こちらもとても嬉しくなりました♪

 

帰るとき、「また来たい!」「もっとアスレチックで遊びたかった!」との声がたくさん聞かれたので、

また来れるようにイベントで企画していきたいと思います。

大津

 

👦復活ルール付き!ドッジボール遊び👧

2022 4/21

いつもご覧いただきありがとうございます。最近ナナホシ岐阜ではドッジボールが流行っています♪

勝ち負けへのこだわりが強い子や、当たったことが悔しくて気持ちを切り替えることが難しい子の様子を見て、子ども達なりに”復活ルール”を考えて作る等、集団で活動する中でお友だちを思いやる良い姿が見られました!

 

復活ルールとは、”ボールに当たったら外野で待機し、仲間のチームが敵チームを当てたら復活する”というものです。

このルールのおかげで当たってしまった子も「がんばれ!」と仲間を応援し、それに対してお友だちも「復活させてあげるから待っててね!」と応えるなど仲間意識に繋げることができました。

 

自分が当たってもまだ復活できる・まだ仲間は負けていない、と「自分」という考え方から「仲間」という考え方に変わることで勝ち負けのこだわりも和らぐことが出来ていました✨

 

遊びの中で楽しみながら協力する力を身に付けられる、お友だちへの思いやりからできた”復活付きドッジボール”。

今後もナナホシの子ども達の考えた素敵な遊びを紹介していきますね♪

伏屋

🔖工作でしおり作りを行いました🔖

2022 4/18

いつもご覧いただきありがとうございます。土曜日のイベントではしおり作りを行いました!

大きめの画用紙をそれぞれ適当な大きさに切り、ペンで絵を描いたりシールやスパンコールを貼ったり・・・

各々が好きなようにデコレーションして楽しみながら制作をすすめることができていましたよ🌟

決められた材料の中でみんなで順番、量を考えながら取り組んでいる様子が見られました😀

はさみやのりを用いた細かい作業することで指先の発達に繋がります!

 

 

さらに、早く作業を終えた子が他のお友だちのしおりの穴あけパンチ係を率先して行ってくれたり、

時間になったら掃除機がけをすぐに行ってくれたりと、周りを見て行動できる子が多くいてとても良い姿だなあと感じました👦

今後も心身の発達につながるようなイベントを企画していきますね。

 

大津

🔵バランス感覚を養う遊び👬

2022 4/13

いつもご覧いただきありがとうございます。

最近ナナホシで流行っている遊びをいくつか紹介します🌟

 

1つは、平均台じゃんけんです。

子どもたちは2チームに分かれ、端から平均台の中央に向かって歩いて行き、相手とぶつかったところでじゃんけんします。

じゃんけんで勝った人はそのまま進み、負けた人は平均台から降りてスタート地点に戻ります。

そのようにしてじゃんけんを繰り返し、平均台を歩ききったチームが勝ちとなります🤩

最近は一度に8人くらいは参加するほど大人気の遊びです!大人数で遊ぶとその分平均台がグラグラして、更に上手に歩くのが難しくなり、みんなそのグラグラを楽しみながら進んでいます。

 

2つめは、手押し相撲です。

手押し相撲では、ただ相手を押すだけではなく、相手が押してきそうになったときにわざと手を後ろに引くことで、相手を倒しやすくなり、楽しさが倍増します♬

手押し相撲は力の強さがあまり関係ないので、違う学年同士でも対決できるので盛り上がります!

 

バランス感覚を鍛えることで、筋肉や関節の負担を軽減できるようになったり、転倒しにくくなるため、楽しみながら鍛えていけると良いと思います!

特に手押し相撲は道具が必要ないので、ぜひお家でも試してみてください😊

大津

🧼ゼリー石鹸を作ったよ🧼

2022 4/11

いつもご覧いただきありがとうございます。先週の土曜日はゼリー石鹼作りを行いました!

2ヶ月ほど前に同じものを作成しており、また作れるということでみんな作業の前からウキウキしている様子でした♪

 

ゼリー石鹼はゼラチンとお湯とボディーソープを混ぜた後、好きな色で着色、ラメを入れて固めます。

今回は着色された水をスポイトで垂らしていきました。「みんなで材料を分けて使う」ということを意識しながら、

一滴一滴、慎重に着色している様子が見られました!「黄色と赤を混ぜたらどんな色になるかなあ?」と楽しそうに試していましたよ♪

 

ゼリー石鹼を冷蔵庫に入れて冷やし固めた後は、大きな桶で実際に泡立ててみました。

完成した石鹼がプルプルしていることにみんな大喜びし、実際に使ってみたときの泡立ちの良さに大盛り上がりでした!

遊ぶ順番を時間で区切り、時間になったら遊ぶのを止めるという約束を守ることができました(^^)

 

ゼリー石鹼が手や身体を楽しみながら洗えるきっかけになればいいなあと思います✨

またみんなが楽しめるような活動を企画していきますね!

大津

 

 

 

 

👧岐阜ファミリーパークに行ったよ👦

2022 4/5

いつもご覧いただきありがとうございます。先日の土曜日は、岐阜ファミリーパークに出掛けました。

天候もよく他にも大勢の方がみえていました。出かける前の約束で、順番を守る!なども確認していきました。長いすべり台や、芝滑りは人気で、待ちも長くありましたが、ちゃんと約束を守って利用することができていました。


長いすべり台は前のお友だちと間が詰まって、後ろから迫ってくる子に「待って待って!もっとゆっくり来てぇ~」などと言いながら、後ろから追突!されながら大盛り上がりで滑っていました。

(怪我にならないようにちゃんとスピード調整しながら追突していました笑)

 

芝滑りは、勢いあまって途中でソリから転げ落ちてしまうこともありましたが、そんな時にも1人2回までの約束を守ることができて、次の人に渡すことができていました。

 

帰りの時間になると、「まだあれやってなかった・・・」とまだまだ時間の足りない様子でしたが、”時間を守る!”という約束をちゃんと守って集合することもできていました。

 

ファミリーパークには色々楽しいものがいっぱいあって、いくら時間があっても足りないくらいなので

出掛ける機会を多くもてるように企画してあげたいと思います。 

小縣

🍩もりやでお買い物したよ🍩

2022 3/29

いつもご覧いただきありがとうございます。先日の土曜日は、あいにくの雨天で、長良公園から予定を変更して、前々から子ども達からの要望も多かったもりやにお買い物に出掛けました。 

 

久しぶりのお買い物に子ども達も朝から楽しみにしていました。おやつの時間に当たった当たりくじを準備しておくと、「僕ってどんだけ当たりあるの?」とむしろお買い物よりもこっちの方が気になる様子でスタッフに確認していました。

出掛ける前に、自分たちで計算をして買い物できるように伝え、必要な子はメモも持っていくといいよと話をしていくと、「持って行こう」「僕は大丈夫」など反応は様々でした。事前に家からメモを持ってきている子もいました。

 

もりやでは、「ん~わかんなくなっちゃった・・・」などと言いながらメモを片手にたくさんの中からどれにしようか迷いながらも買い物を楽しんでいました。

気に入ったものを何個も買っている子など色々でした。

 

 

机の上の、計算ドリルとは違った数字の学びの機会をまた設けたいと思います。

小縣

🚀飛べ飛べロケット!🚀

2022 3/22

 

いつもご覧いただきありがとうございます。先日の土曜日は、遊べるおもちゃの制作をしました。

今回は、制作が苦手な子に、作った物で楽しめることを一番のねらいにして取り組みました。

トイレットペーパーの芯や紙コップを素に輪ゴムで跳ぶシンプルな仕組みで取り組みやすく、いつもはなかなか制作に参加しない子も

「久しぶりに作った」と話して楽しんでくれました。

 

どうしたら、より遠くに飛ばせるのかを考えて、発射台になる割り箸を繋げて伸ばしてみたり、輪ゴムを繋げて長くしてみたり

各々で考え、実際に飛ばして改良を加えたりして工夫する姿がみられました。

 

その過程で、材料となる輪ゴムやテープなどの使い方に無駄が多い子もいて、適切な量を考えながら使用することも伝えていきました。

 

ロケットを遠くに飛ばすことに集中して、トイレットペーパーの芯のままで、発射台の工夫にいそしむ子や、ロケットに折り紙を巻き付けたり、ロケットに人が乗っている様にペンで描いたり、羽をつけたり、飾り切りしたものを貼ってみたり、それぞれが自分のすきなように製作活動に取り組んで楽しめていました。

                           🏯金華山に登りました🏯

 

2022 3/18

 いつもご覧いただきありがとうございます。先日の土曜は、金華山登山をしてきました♪ 天候は、快晴に加え春の暖かさに包まれた最高の登山日和でした♪

 

前回同様、馬の背チームと、瞑想の小道チームに2手に分かれて登山です。今回もリーダーさんが大活躍でした。リーダーさんの役割は、人数確認、水分補給、休憩のタイミングの声掛けなどみんなをとりまとめることです。「前から人くるよ」「ちょっと疲れた子がいるから、休憩挟もうか」と周りの人や友達を気にかけて声をかけてくれました。

 

また、すれ違った人に「こんにちは」と挨拶をしたり、下山している方から「もう少しだから頑張ってね」と声をかけられると「ありがとうございます」と返事をしたり、登山者のみなさんとも積極的なコミュニケーションも取れました♪

 

 

 疲れた時は「もう少しだよ」「もうちょっとだから頑張ろうね」と仲間同士で励ましあいながら重たい足を一歩一歩前へ動かしました。お友だちの励ましや応援のおかげで気持ちが折れずに頑張ることができたのではないかと思います。

 

岐阜城が見えてくると「やっとついた」「いい汗かいた~」と笑顔の子がたくさん☺ みんな達成感でいっぱいの表情をみせてくれました。頑張って良かったね♪

 

 

 また、天気が良い時に登りに行きたいと思います!

 

 杉山

 

 

 

 

🍡お団子を買いに行ったよ🍡

2022 3/

 

いつもご覧いただきありがとうございます。先日の土曜日は、前回好評だったお団子を買いに行ってきました。

 

お団子の前に前回同様清水緑地公園での散策もしました。

ハトが飛んでいくのを追いかけたり、ビオトープに魚やザリガニがいないか探して足元のコンクリートの隙間をジッと見たり、思い思いに楽しんでいました。「見てぇ~捕まえた!」と小さなえびを見事に捕まえている子もいました!

 

お団子屋さんでは、「この前は、みたらしだったから、今日はきなこにするんだ」と朝から決めていたのですが、お店に着くとやっぱりどうしようかと少し考えて、「やっぱりきなこ!」と決めて店員さんにしっかりと伝えることができていました。

 

帰り道、アクティブGの中の大きな茶碗の展示物の中に“小銭”が入っているのを発見して、みんなで覗き込んでいました。

 

少し長い道のりで帰りつくと「疲れた」とも言っていましたが、天候も良く気分は晴れ晴れとしている様子でした。

 

 

小縣

 

 

 

 

シャボン玉をつくって遊んだよ.o○

2022 2/28

 

 いつもご覧いただきありがとうございます。先日の土曜日は、イベントにてシャボン遊びをしました。今回は、シャボン玉液、シャボン玉の輪から全て自分たちの手で作りました。

 

 午前中は全体でシャボン玉の輪を針金と毛糸で作りました。針金で直径15センチほどの輪をつくり、さらに持ち手を作りました。最後に輪の状態になった針金にシャボン玉液がつきやすくするために毛糸を巻き付けていきました。こうした細やかな作業で微細運動に繋げていくことが出来ました。

 

 午後からは、前半組、後半組に分かれて公園に行き、シャボン玉液づくりをしました。シャボン玉液に必要な液体を計量器で測って桶に入れて混ぜ合わせます。計量器の使い方や量についても少し触れ、生活の知識を深めました。

 

 液ができあがったら、作ったシャボン玉の輪を使ってシャボン玉遊びをしました。大きなシャボン玉を作るたびに「すごい!こんなに大きいのできた!」「虹色に見えて綺麗!」と楽しそうな反応を見せてくれました。

 

いろんな形や大きさのシャボン玉ができることを知ると飛ばし方を少し工夫してみたり、何度もできるまで挑戦したりと飽きることなく遊ぶことができました。また、シャボン玉が風に飛ばされていく様子にしぜんと心が癒されたことと思います。

 市販の物を買って遊ぶ事も楽しいですが、今回のようにシャボン玉の輪、シャボン玉液を自分たちの手で作れたことで、一からつくる楽しさや「できた」という達成感を感じることができたと思います。

                                                          杉山

 

 

 

 

 

 

🏢シティタワーと図書館に行きました📚

2022 2/21

 いつもご覧いただきありがとうございます。先日の土曜日のイベントは、岐阜駅周辺施設めぐりをしました。シティタワーまで歩いて行き、その足で岐阜駅内の図書館に寄って本を読んで帰ってきました。

 

 シティタワーに行く前にシティタワークイズを行いました。

① ビルは何階建てでしょう。

② ビルの高さは何メートルあるでしょう。

③ 景色を見るお部屋(展望室)以外にあるものはなんでしょう。

 

 このようにクイズを行って、シティタワーへの知識を深めていきました。答えは以下の通りです。

43階建て

➁高さは162メートル

③住居があること、レストランや塾、お店、ぎふチャンがある。

行く前にどんなところなのかや見るポイントを押さえておくことで楽しさが倍増します♪これらの知識を身に付けて、いざ出発です!

 

展望室からは、岐阜市中の街並みが一望できました。子どもたちは、指差しをしながら「〇〇あった!」と言って自分が知っているお店屋や施設、自分の通う学校を見つけては大喜びでした。長良川、金華山といった岐阜のシンボルも見つけることができました。特に、岐阜駅に通過する電車や貨物列車は子どもたちにとって面白い光景に映ったようで、「電車小さい!」「プラレールのおもちゃみたい」という楽しい感想が聞けました。

 

展望室に行った後は、駅内にある図書館に行ってきました。こぢんまりとした図書館でしたが、児童書が豊富で更に読むスペースも充実していました。好きな本を手にとると、みんな落ち着いて読書にのめり込んでいました。

 

 今回のイベントも前回同様、お散歩を通して知らなかった道やお店など新しく発見できたことがたくさんありました。また、身近な場所に良いところってたくさんあるんだな、岐阜の町って素敵だなぁと思ってくれたらいいなと思います!(^^)!

 

杉山

 

 

 

 

 

👒探検&お買い物をしました🍡

 

2022 2/15 

いつもご覧いただきありがとうございます。先日の土曜日は、清水緑地公園まで歩いて行き探検をしてきました。その後、その足でお団子屋さんに行っておやつに食べるお団子を購入しました♪

 

 当日は雲一つない爽やかな快晴に加え、春のような暖かな陽気に包まれた天気となりました。お散歩、探検にうってつけの天気でした😊

 

 お散歩をしていると、「いつも通る店の裏ってこんな雰囲気なんだね」「こんな道あったの知らなかったよ」「今度はここでおやつ買えそう!」といった子どもたちの様々なつぶやきが聞こえてきました。

 

 お散歩は知らなかった場所や道、お店などを新たに発見するという楽しさがあります。子どもたちのつぶやきからも分かるように、その楽しさを体感できたお散歩になりました。

 

 

 清水緑地公園では、みんなでザリガニ釣りができる場所まで歩いて移動し、生きもの探しの探検をしました。子どもたちは生き物を何とか見つけ出そうとしゃがみこんでじーっと小川を覗き込んでいました。冬なので、生き物の発見は少なかったですが、生きものが好きな子が多く、「ザリガニがたくさんいるときにまた来たい!」「もう一回、ここ行きたいな」という前向きな反応が見られました。

 

 帰りに寄ったお団子屋さんでは、一人一人がお店屋さんと会話をしながらお買い物を進めました。「みたらし団子を一つ下さい」というだけでも少し緊張した面持ちの子もいましたが、お釣りをもらう時、お団子を貰う時、「ありがとうございました。」と言えることができました♪

 

 

 今回のイベントは、子ども達自身の力で生み出した活動をたくさん取り入れてみました。お散歩や探検、お買い物を自分たちですることで新しい物を見て触れて体験する楽しさを感じてくれたらいいなと思います。

 

                                                          杉山

 

 

 

✂ラミネートでオリジナルファイル作り❄

2022 2/7

 

 いつもご覧いただきありがとうございます。今年は全国的に厳しい寒波と降雪に見舞われていて、例年よりも寒さが厳しいと感じています。まだまだ油断できない日が続きますので、子どもたちの健康管理には気を付けていきたいと思います。

 

 先日の土曜日はイベントにて「ラミネートでオリジナルクリアファイル制作」を行いました。ラミネートフィルムに自分の好きなキャラクターとその周りに折り紙で作った切り絵を挟み、丸シールでかざりつけをしてファイルの表紙を作りました。

 

 切り絵の方は、キャラクターのデザインに合わせて、雪の結晶やハート、星などを作っていきました。切り絵は、折り紙を広げるとどんな形になっているのかというワクワク感が醍醐味です。△、□、〇、ギザギザ、くねくね・・・などの形に切るだけで幾何学的な不思議な模様に大変身です!子どもたちは「へえこんな形になるのか!」「面白い形になったよ!」と紙を広げるたびに楽しい反応を見せてくれました。

 最後は、ラミネートをしてクリアファイルに仕上げました。ラミネータでフィルムを通すと、下敷きの様に均一な平面に作品が様変わりしていきます。子どもたちの表情も不思議そうに見つめる子、キレイに仕上がるのかな・・・と不安そうに見つめる子など様々でした♪

 

 作ったファイルをぜひ、お家や学校で活用してもらいたいです♪

 

                                                           杉山

 

 

 

 

 

 

 

o.🧼ぷるぷる!ゼリー石鹼作り🧼.。o○

2022 1/31

 

いつもご覧いただきありがとうございます。

皆さんは、子どもが手洗いや入浴など活動の切り替えに時間がかかって悩んだことはありませんか??

このご時世、感染症も心配でなるべく早く洗ってほしいですよね💦

そこで、今回のイベントではコロナウイルス感染対策としてゼリー石鹼作りを行いました🧼

 

見本を見せた段階から、「なにこれ!本物のゼリーみたいにプルプル!」「触りたい!作りたい!」とワクワクしていた子どもたち。

熱いお湯を使うので、事前にお約束をしっかりと確認してから行いましたがとても真剣に聞く姿が見られました♪

 

今回は電子計量器を使ってお湯やボディーソープ、ゼラチンの分量を量ります。

手先が少し不器用でゆっくり液体を入れることが苦手な子も、スタッフと一緒に行うことで集中して慎重に計量することが出来ました!

好きな色を作ったり香りやラメを入れたり、石鹸の袋のデザインをしたり…自分で考えて世界に一つだけのものを作れる特別感もあってとても楽しそうにイベントに参加していました✨

 

冷やし固めたら完成!一人2つずつ作った石鹸の1つで泡遊びを行いました🛁.。o○

プルプルの手触りで感触遊びとしても楽しみつつ、手洗いや入浴への意識も高まっていた子どもたち。

「○○くんのすっごく綺麗!」「その色はどうやって作ったの?教えて!」など、コミュニケーションにも繋がりました!

「早く家で使いたい!」「お風呂で泡立てたら何色になるかな?!」と、入浴や手洗いに前向きな姿がたくさん見られました✨

 

入浴が嫌いな子や、活動の切り替えが苦手な子でも、楽しみながら清潔を保つことが出来るゼリー石鹼。

作り方もとっても簡単なので、皆さんもぜひお家で作って試してみてくださいね♪

伏屋

 

💕愛着障害と発達障害の理解とその支援💕

 

2022.1.26

 

いつもご覧いただきありがとうございます。

本日は「愛着障害」について研修で学んだことをお伝えします。

少し長くなりますが、お付き合いください。

 

愛着障害という言葉をご存知でしたか?

年々増加しているそうです

 

では、そもそも

愛着(アタッチメント)とは

【特定の人と結ぶ

   情緒的な

     こころの絆】

とされています

 

ここで愛着障害に対しての間違ったイメージをお話ししていきます

 

    特別な施設に通う子や虐待を受けた子だけに現れる特有の障害

というわけではありません

愛着障害は誰にでも起こりうることなのです

 

要因の一つに

刺激過多(愛着形成を妨げる刺激の多さが親刺激を相対低下させる)があります

・愛着を求めて泣いている子どもに対して、親が関わることなく、ビデオなどに任せてしまったり、親と関わるよりも強い刺激が周りにたくさんあるような状況

 

    産んだ、育てた親のせい

というわけではありません

関係性の障害であり、いくら親と子といえど[相性]が関わってきます

親と子の双方に要因があります

兄弟姉妹を同じように育てていても、なんとなく合う合わないがありますよね

どちらが悪いというわけではありません

 

③取り戻せない、手遅れ

 というわけではありません

“いつでも”取り戻せます

 

④親にしか形成・修復は無理

 というわけではありません

 “誰にでも”形成・修復可能です

 

「いつでも」(どの発達段階でも)

「だれにでも」(親でなくても、心理専門家でなくても)

心理的支援で取り戻せる!

 

絆の正体とは?

愛着形成の3つの基地機能

 

①安全基地機能

 恐怖や不安などネガティブ感情から守る

 

②安心基地機能

 落ち着く・ホッとする・安らぐ・楽しくなる

(繋がり感 → ポジティブな感情が生じる感情基地)

 

③探索基地機能

→安全・安心基地から離れる(分離)

 ・離れていても安全、安心を感じられる

→安全・安心基地に帰ってくる(帰還)

→一番聞いて欲しい人に[報告]したい

 一人で経験したことを一緒に経験したかのように思いたい

⇒報告を受けて感情を共有することで

 ポジティブ感情を増幅させ、ネガティブ感情を減少させる

 

★愛着形成は何に影響するのか

・学習意欲や能力(学力等)向上

 認められ感が大切

・基地欠如観

 規範行動逸脱、集団生活や人間関係のトラブル、攻撃性

 

この研修を通して

私たちも子どもたちの基地になれるよう努めていきたいとあらためて思いました

 

 

小縣

👛公園とお買い物に行ったよ👛

2022 1/25

 

いつもご覧いただきありがとうございます。

今回の土曜日は午前と午後にグループを分けて木ノ本公園と、ナナホシで初めてトライアルにお買い物に行ってきました!

 

ナナホシから近いこともあり、徒歩で行ったのですが「車来るよ~気を付けて」など子ども同士で周りを見て声を掛ける姿がたくさん見られました。木ノ本公園では遊具や鬼ごっこをして遊び、体を動かして楽しむことが出来ました♪

 

トライアルでのお買い物は、ナナホシで初めてのイベントと言うこともあり大喜びの子どもたち。

1人100円以内の飲み物を買いに行きました。種類豊富でたくさん迷いながらも、お友だちと相談したりして一つ決めていました!

 

しかし!今回のお買い物は飲み物を買うだけではありません😲

午前と午後のグループにそれぞれ先生からのおつかいを1つずつ頼みました!

内容もあえて「ゼラチン」や「食紅」と言った、子どもたちからしたらあまり聞き馴染みのない難しい商品ばかり。

 

今回は自立支援も兼ねて、職員は手助けせず子どもたちで協力して考えて行動できるようにしました。

「ゼラチンって何?」「食紅って何に使うの?」など、子どもたちで話し合って考える姿がたくさん見られました!

また、「ゼラチンはゼリーとかに使うよ」「食紅って生クリームに色付けたりするものだよー!」と高学年の子たちが年下の子に教えてくれるとても頼もしい姿もありました♪

 

無事おつかいする商品を見つけることが出来、達成感や自信に繋がったようでした✨

お会計はセルフレジで行いました。店員さんになりきってとっても楽しそうに行っていました!

年上の子が小さい子の側について手伝ってくれる姿もあり、今回はみんなで最後まで協力してイベントに参加することが出来ました♪

初めてのイベントでしたが、協力して行うことが出来た子どもたち。

 

「今度自分でお買い物をしてみたい!」と言う子もいて、自信に繫がったようでした♪

今後も自立に向けた支援を楽しみながら行っていきます🍀

伏屋

⛄公園で冬満喫⛄

2022 1/17

 

いつもご覧いただきありがとうございます。今回の土曜日は加納城址公園に行き、先週作った凧を揚げてきました♪

先週凧を作った時からずっと楽しみにしていた子ども達。「早く凧あげたい!」と目をキラキラさせて公園に向かいました✨

 

公園に到着して凧揚げ開始!空高く凧を揚げられるように風を上手く使う等工夫しながら楽しむ姿が見られました。

また、上手く出来ないと悩んでいる子には「たこ糸の長さを変えると良いよ」など年上の子が優しく教えてくれる様子もありました♪

 

沢山凧揚げで走った後、まだ芝生に残っている雪を見て「雪合戦しよう!」と言い始めた子どもたち。

予定にはありませんでしたが、せっかくなので冬を満喫しようということで皆で雪合戦を行いました!❄

強く握った雪は固くて当たると痛いこと・近い距離で当てると危ないこと・周りを見て投げること…

事前にお約束をしていなくても、遊ぶ中で経験して学び子ども同士で声をかけ合って行動することが出来ました♪

 

雪合戦に参加していない子どもたちは大きな雪だるまを作るなど、それぞれがしたい遊びをして過ごしました。

雪だるまの顔を松ぼっくりにしたり小石でボタンを作ったりと、工夫しながらみんなで協力して可愛い雪だるまを作っていました⛄

 

凧揚げや雪合戦など季節のものに触れながら、汗をかくほど元気いっぱい体を動かしていた子ども達。

今後も子どもたちが楽しめるようなイベントを考えていきたいと思います♪

 

伏屋

🐺人狼ゲーム🐺

2022 1/13

いつもご覧いただきありがとうございます。最近ナナホシ岐阜では人狼ゲームを行っています♪

数年前に流行していた人狼ゲームですが、ナナホシの子どもたちの考えた人狼が面白かったのでお伝えします!

 

人狼ゲームは携帯のアプリや既存のカードを使って行うことが多いと思いますが、ナナホシにはありませんでした。

どうするのかな?と様子を見ていると「無いなら僕たちで考えて作れば良い!」と、役職を紙に書きはじめました😲

「司会進行するだけの人とか嫌だし、皆参加したいよね」「どうやって人狼や占い師はバレずに動く?」など、問題になる部分を話し合ってゲームを考えていました。

 

<完成したナナホシ人狼>

①自分の役職を紙で確認した後、円になって怪しい人や役職について話し合う。その後紙を手前に置いて全員が顔を伏せる。

②40秒間の中で↓の役職の人が顔をあげて動く。

 ・5~20秒で人狼が食べたい人を一回タッチする

 ・20~30秒で占い師が占いたい人の紙を見る

 ・30~40秒で狩人が人狼から守りたい人を三回タッチする

③40秒後、食べられた人が抜けて話し合いを再開する。

 

実際に行うととても楽しくて大盛り上がり!「全員参加出来るように」という子どもの優しさから生まれた手作りの人狼ゲーム。

秒数制にするなど、今回も子どもたちの発想力に驚かされました✨

 

今後も様々な遊びを通して、子どもたちの発想力を伸ばしていきたいと思います♪

 

伏屋

🎍 凧の制作 🎍

2022 01/12

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします

 

いつもご覧いただきありがとうございます。

今回の土曜日イベントは、凧の制作をしました。

 

自分の好きな色のポリ袋に、好きなキャラクターを写し取っていきました。紙がずれないようにテープで固定したりして自ら考えてやりやすい方法を取れていて成長を感じました。

ポリ袋をハサミで切るのは少し難しく、しわが寄ってギザギザとした切り口になってしまう子もいました。素材に合わせた道具の使い方、手の添え方なども覚えられるように支援していきたいと思います。

「難しそう・・・」と始めはやる気を見せなかった子に、「一緒にやろうよ」と声を掛けてくれたりする子もいて、良い姿が見られました。

みんなで共有するものも多くあったので、「ちっとも使えない」と多少イライラすることもありましたが、「順番に使えるように待っててあげて」「こっちの作業が先にできそうだから、そっちからやろう」などと声を掛けたり、考えたり出来るようにしていくと、昨年にも作っている子たちもいたので、全体として割りとスムーズに作業を進められました。

 

出来上がると「いつこれやるの?早くやりたい!」と意欲満々の子ども達でした。

次の土曜日に凧揚げ楽しみたいと思います。

 小縣

 

 

 

 

🎅クリスマス会をしたよ🎅

2021 12/29

いつもご覧いただきありがとうございます。

今回の土曜日イベントでは、クリスマス会を行いました。

 

お楽しみ第一弾は、クリスマスケーキ作り!

生クリーム、お菓子などで自分好みのケーキに仕上げました。

食べられる量で飾り付けることや、みんなで共有する材料は使えない子がいないように使う量を考えてなどの約束を確認して始めました。

“雪だるま“を模したり、ツリーをイメージしてみたり、一人一人思い思いのケーキを作っていました。

「いただきます♪」の後は、「もったいなくて食べられない」と言っていたり、大きい口でパクパク食べる子や、ちょっとずつ大切に食べる子など可愛らしい姿が見られました。

ケーキの後は、お愉しみ第二弾のビンゴ大会!

「あったぁ~♪」「なぁ~い・・・」「もう少し!」などと大盛り上がりで、揃うと気分も最高潮でした。

皆にプレゼントがあるからなかなか当たらなくてもイライラしないように伝えてあったので、怒ったりせずに最後まで楽しむことができました。

小縣

 

 

 

 

✨大人になって自立するために✨

2021.12.22

 

いつもご覧いただきありがとうございます。

本日は、「大人になって自立するために」ということについて研修で学んだことをお伝えします。

皆さんは、同い年の子や周りのお友だちが出来ているのに自分は出来ていないということから、「なんで自分は出来ないのだろう…。」、「早くみんなみたいに出来るようにならなくちゃ…。」などという焦りを感じたことはありますか?

自分に出来ないことがあると、「周りの子はどうなんだろう…。」、「みんなは出来ているのかな?」と比べてしまうことありますよね。しかし、周りの子と比べて追いつこうと急ぎすぎる必要はありません。

子どもの時期は、大人になるための階段を登っていくとても大切な時期となっています。そのため、今行っていることがもし大人になったときに困るだろうなと予想されることがあるのであれば、子どもである今の時期に少しずつ直していくことや、対応していくことがとても大切になってきます。

 

今回はそんな、こんな悩み事はどうしたらいいの?ということについてご紹介いたします。

”集中力が続かない”

集中力がなかなか続かず他のことが気になってしまうという時は、自分は集中力が続かないと思うとなおさら集中力が続かなくなっていってしまいます。そのため、一度に全てのことをやってしまおうと思うのではなく、やるべきことを小分けにしていきゆっくりと一つひとつをこなしていき集中力が続くようになってきたら、少しずつやるべきことを増やしていくことで集中力が続く時間を長くすることができます。また、やるべきことを紙などに書いていき1つ出来たらマークし、全て出来たら自分を褒め、ご褒美をあげるなどのことも大切になります。

 

”話を聞くのが苦手で、聞いているとイライラしてしまう”

メモを取りながら話を聞いていくということや、もし分からなくなってしまったときにはすぐに「ちょっと分からなくなってしまったので、もう一度教えてください!」などと言えることが大切になります。「ちょっと待ってください」と伝えるのは、なかなか勇気がいることだと思いますが、勇気を振り絞って伝えてみてください。

 

”マイナス思考になりがちである”

失敗を恐れるのは誰でも同じです。しかし、何かに挑戦をし出来ることが増えていき出来る運動を毎日続けていくことで、それが自信へと繋がっていきます!何かが面倒だとしても何とかやり遂げることが出来ると達成感を味わうことができます。そして、その達成感が次へと繋げることができます!

以上のように、もし出来ないことがあっても比べて焦って急いだりせずその子その子に合った寄り添った支援を行っていき、子どもたちが年を重ねるごとに大人に向けての階段を上る手助けを行っていけるようにしていきたいと思います🌼

以前よりも少しでも出来ることが増えていたら褒め一緒に成長をしていくことが出来るように、また出来たことの喜びを一緒に感じることが出来るように子どもたちと活動を行っていきます😊✨

 

道家

🎄クリスマスリース作り🎄

 

2021 12/20

いつもご覧いただきありがとうございます。

今回の土曜日イベントでは、クリスマスリースを作りました♪

 

紙皿や画用紙、シールなど様々な材料を用意し、後は子どもたちが好きなように考えてオリジナルのリースを制作!

お手本のリースを見て真似する子、自分で考えて一から作る子など、同じリース作りでも作り方が違ったりアイデアが違ったりして楽しむことが出来ました。

お友だちと出来た作品を見せ合って「あ!それいいね」「そっちも可愛いよ~」とお互いの作品を褒め合う微笑ましい姿もありました♪

 

リボン結びが難しくて中々出来ない子がいましたが、「先生、もう少し自分で頑張ってみるから作り方だけ教えてください!」とスタッフに頼み、なるべく自分でやり切る・諦めない、という意志が見られてとても格好いい姿だなあと感じました♪

 

「工作上手く出来ないから嫌い」と言いていた子も、周りの子たちが頑張って作っていることに影響され、今までの工作の中で一番集中して作ることが出来ました!

工作が苦手とは全く思えないほどレベルの高い作品が出来、本人も自信に繋がったようでした✨

上の写真にある作品は全て子どもたちが作った物ですが、大人顔負けの作品ばかりで子どもたちの発想力は本当に豊かで素敵だなあと感じます🎅💕

 

今後も子どもたちの発想力を活かした活動を行うと共に、苦手なことを乗り越える達成感や自信を身に付けられるようにイベントを考えたいと思います♪

伏屋

★将来のために今からできること~あいさつ・保清~★

 

2021 12/17

いつもご覧いただきありがとうございます。

本日は、「あいさつ・保清」について研修で学んだことについてお伝えします。

皆さんは、「年中だから、小学1年生だから、将来のことなんてまだ考えられないな」と思ったことはありませんか?

実はそんなことないんです。

“あいさつ・保清”が将来や就職に向けて、とても大切な役割をもっているんです。

 

“あいさつ”

あいさつは対人関係の基礎です。

家族や先生、友達にあいさつをすることは、コミュニケーションの第一歩、入口です。あいさつをすることは“相手の存在を認めている”“仲良くなるきっかけをつくっている”ということです。

声を出すことが難しいお子さんは、「こんにちは」と言われたら手を振ったり、頭を軽く下げてうなづいたり。そんな姿も立派な“あいさつ”の1つです。

お子さんのできる範囲の挨拶から始めてみてください☺

 

“保清”

保清とは、身体を清潔に保つということです。

保清の中の1つに「手洗い」があります。

“手洗い”と一口に言っても、さまざまな洗い方があります。

手の甲は洗っていますか?

泡を手につけて流すだけになっていませんか?

手はしっかり拭けていますか?

ナナホシでも、手の甲が洗えてなかったりペーパータオルで拭いても、手の甲が濡れていたりする子がいます。

スタッフが声掛けをしたり、手洗い場に視覚的分かりやすいイラストを設置することで、意識して手洗いをする姿が少しずつ増えてきました。

ご家庭でも、お子さんがどのように手を洗っているのか、ぜひ確認してみてくださいね。

 

もう1つは「身だしなみ」についてです。

身だしなみとは、相手に不快感を与えないように身の回りを整えることで、おしゃれとは異なります。

顔を洗う、歯磨きをする、お風呂に入る、くしで髪の毛をとく等、身体を清潔にしておくことで、相手も自分も気持ちよく同じ場所で過ごすことができます。

 

“あいさつ・保清”は小さなうちから毎日繰り返すことで、習慣として身についていきます。

日々の生活習慣ルーチンを守ることも大きな才能です!

 

少しでもできたら褒めて、できることを増やしてあげてくださいね^^

 

                                         松本

 

 

📚読むのが苦手な子のためにできること✏

 

2021 12/15

 いつもご覧いただきありがとうございます。

宿題の定番といえば音読学習ですが、この音読学習がスムーズにできないというお子様の困りごとはありませんか。

 

 文字が読めても文章が読めない、読み間違いが多い、文の切れ目が分からないなどお隣で音読を聞いていて思い当たることはありませんか。

 

 本日は研修で学んだもののなかから、読むのが苦手な子のための本の選び方を紹介します。

 

① 学習漫画の活用

 文章が長くて内容が入らない・・・たくさん出てくる漢字を読むのが億劫・・・そんな悩みを打ち消してくれるのが学習漫画です。

学習漫画は吹き出しの言葉が3行以内のものが多いため、読んだものが内容として頭に入っていきやすいという利点があります。

更に、ルビがふってあるものが多いため、漢字が苦手な子にとって読みやすいものとなっています。まずは、行数の少ない学習漫画を音読して読むことに慣れさせていきましょう。

 

➁ オールひらがな本の活用

 漢字が苦手で読むのが嫌になって本を閉じてしまう・・・なんていう悩みもオールひらがな本であればそのようなことは起きません☺

ひらがなの本で音読練習を重ねて流暢に読めるようになると、読むことの楽しさを感じるとともに、「読めた!」という自信をつけることができます。読むことへの自信がつけば、その後、次のステップ「書くこと」にもつながっていきます。まずはひらがな本で読むことに自信をつけさせてみてはどうでしょうか。

 

以上のように、子どもたちが「読めた」という自信がつくように、はじめは漢字や行数の少ない本を選んで音読をし、読むことに慣れさせることをお勧めします。   

 

 

 

                 

 

                                 

                                               ※研修の様子                                   

杉山

 

 

                                                   

 

🌳岐阜ファミリーパークに行きました🌳

2021 12/13

いつもご覧いただきありがとうございます。先日の土曜のイベントは、久しぶりに岐阜ファミリーパークに出掛けました。

長いすべり台が出来て以降、なかなか行くことができていなかったので、子ども達もとても楽しみにしていました。

(職員も楽しみにしていたのは内緒です笑)

 

「ジェロニモ砦でも遊べる?暗いトンネルすべり台やりたい」などと出掛ける前からウキウキと話をしてる子ども達。

現地に着くと集合時間と集合場所を確認して解散!

「芝のところ行こう!!」と早速足早に芝滑りに向かっていったり、「次は暗いトンネル滑り台やろう!」「東海で一番長い滑り台なんだよね」「ふわふわのところにも行こう」と活発に次々と場所を変えながら、あれこれ楽しめていました。

天候も良く、ポカポカと陽の温かさも感じられ、じんわりと汗ばみながら気持ち良く遊ぶことができ、水分補給もゴクゴクと勢いよく飲む姿に、集中してしっかり身体を動かしていたことが伺えました。

 

「もっと遊びたかった」とのことだったので、またイベントで企画していきたいと思います。

 

 小縣

 

 

言葉の発達に効果的なのはお手伝い?!😲

2021 12/10

いつもご覧いただきありがとうございます。本日は、「言葉の発達」について研修で学んだ内容をお伝えします!

 

皆さんは、ディスレクシア(発達性読み書き障がい)というものをご存じでしょうか?

言葉の言い・聞き・書き誤りが多い、逐次読み・予測読みをする、といった読み書きに著しい困難を持つ症状のことで、言葉の発達にも繋がってきます。

 

そこで、本日は発語の遅れがある子にも効果的なご家庭でも出来るものとして「おつかい学習」をご紹介したいと思います♪

 

おつかい学習とは、お手伝いのことです。

聞いたものや見たものを「とってきて欲しいな」「一緒にほうきでお掃除してくれる?」と言い、お手伝いをしてもらいます。

子ども達は「氷山の一角」のように、実際に出ている言葉以外にも、実は言葉の理解や情報をたくさん持っています。

実際に「持ってくる」「掃除する」などという動作をすることで事物の理解や言語情報に繋がり、それが言葉に繋がっていきます✨

 

おつかい学習(お手伝い)は言葉を促す以外にも

①生活機能訓練の向上になる

②「ありがとう!助かったよ!」という感謝や褒め言葉を伝えることで、子ども達の自己肯定感に繋がる

というメリットがあります。

 

ナナホシでも普段から土曜日のイベントなどでお手伝いをしてもらい、子ども同士で言葉のやりとりもして楽しんでいます♪

ぜひご家庭でも言葉の発達を促す一歩として行ってみてください♪

   伏屋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引用:DVD~ことばの発達と障害~ 【講演者】古山慎治

 

 

 

自信を育む魔法の言葉

2021 12/8

 いつもご覧いただきありがとうございます。

本日は、研修で学んだ内容でご家庭でも共通する部分を少しお伝えしたいと思います。

放課後デイサービスナナホシでは、子ども達が生活習慣を身に付けて、自分で生きていく力が育まれるように日々支援をしています。

 その第一として、子ども達が自分自身に自信を持てるように“褒める”ことを大切にしています。「褒めることは大切」、「褒める」と「おだてる」は違うなどとよく聞きますが、普段生活していると中々実践するのは難しく感じます。

 

 そこで、3つのポイントをお伝えします。

・“できて当たり前“という前提をすてる

・気軽に褒める

・褒めるチャンスを待たない

(何かいいことをしたら褒めるのではなく、なんでも気軽に褒めてあげてください)

 

気軽に褒めるために

「ありがとう」は褒め言葉の第一歩!

 

まずは、子ども達にお手伝い(ちょっと、ティッシュとってなどの小さなお手伝いで大丈夫です)を頼んで、それができたら

「ありがとう」を伝えてあげてください。(必ず忘れず伝えてあげてくださいね)

お手伝いをすることで生活習慣の練習にもなりますし、褒められるチャンスも得られるので一石二鳥です!

 

 

ナナホシでもいっぱい褒めて、自信を育んでいきたいと思います。

小縣

 

 

 

 

 

 

📚メディアコスモスに行きました📚

2021 12/6

いつもご覧いただきありがとうございます。先日の土曜のイベントは長良公園を予定していましたが、パラパラと雨がパラついていたので、メディアコスモスに出掛けました。

 

施設を利用するにあたって、いつもの公共の場のやくそくと共に図書館という特性上、“気持ちを落ち着けて静かに行動する”という点を確認していきました。

館内では、ペアのお友だちと職員とで行動するようにしていきました。

 

館内に入ると、早速1階に見える本の蔵という場所を見て「ここに行きたい」ということで入り口を探しました。さすが高学年の子たち!自分たちで館内の案内図を見て、ちゃんとたどり着けていましたよ。

本の蔵にたどり着くと検索端末に“ドラえもん”とキーワードを入力していましたが、やはり人気なようで気になるものは全て貸し出し中になっていました。

 

本棚をあれこれ見て回っていましたが、少し難しい本ばかりだったので、児童書コーナーに移動して再度本を探していきました。

 

自分の興味のある分野の本を見つけてじっくり読み込む子や、そのジャンルの本があまりなく、違うワードで探してみたり、自分の知りたい知識に合わせて本の探し方を学ぶ機会にもなったと思います。

 

「また来たいな」と言っている子もちらほらいたので、また企画したいと思います。

ぜひご家庭でも利用してみてください。

 

 

小縣

 

 

カードゲームで盛り上がってます

2021 12/1

いつもご覧いただきありがとうございます。

寒さが増していく中、つい厚着をしてしまいがちですが、室内は温度調節もしてあるので、子どもたちが少し動くとすぐに体温も上昇し汗もかきやすいです。過度に厚着にならないように衣服の調節にも配慮して健康管理には気をつけていきたいと思います。

 

今回は、『虹色のヘビ』というカードゲームを紹介したいと思います。

カードには、へびの頭、胴体、しっぽと3種類あります。

山札から順番にカードを一枚引いていきます。

赤、青、黄、紫、黄緑といった色があり、同じ色の部分同士を繋げていきます。

頭からしっぽまで一匹のヘビを完成させられた人がそのヘビ(カード)をもらえます。

山札のカードが全てなくなったら終了で、カードを多く持っている人が勝ちというゲームです。

 

 「偶然性」のゲームなので年齢に差のある子ども同士でも楽しめます。

レインボー(虹色)の頭としっぽが一枚ずつあり、どの色ともつながるラッキーカード!

大きくなったへびをもらえたら、ラッキー!

子ども達も大喜びのゲームです。

 

1回のゲーム時間も10分程度で何回も繰り返して遊べるので、一度のゲームで勝てなくても、次こそは!と挑戦できています。

 

 

他のゲームでは勝てないと「もうやらない」と怒りがちな子も「次は勝てるかも」と挑戦する気持ちが育まれるので、このゲームを通して、すぐに諦めない気持ちを育めるように支援していきたいと思います。

 

小縣

 

 

 

🍣紙粘土でお寿司を作りました🍣

2021 11/29

 いつもご覧いただきありがとうございます。先日の土曜のイベントは紙粘土でお寿司制作をしました。

 紙粘土工作を上達させるポイントは使う道具にあります。今回はクリップ、はさみ、ボンドを使いました。こうした身近にあるもので簡単にリアルなお寿司をつくることができます。道具は以下の通りに使いました。

 

      クリップ・・・ご飯のつぶつぶ感を出します!

手のひらサイズのシャリの形を整えた後に、クリップの先端の丸まったところをシャリに軽く押し付けます。側面の四面を押し付けることでご飯のつぶつぶ感を出すことができます。

 

      はさみ・・・お刺身などの切り身の形を整えます!

 切り身の形になるように長方形にまっすぐ切るときに使います。手で行うといびつな形になってしまうものも、ハサミを使うと思い描いた形になりやすくなります。

 

      ボンド・・・いくらの光沢に!

いくらのつぶつぶの上に多めのボンドを垂らし、一日寝かせておくだけです。次の日にはボンドが硬化し、ボンドが透明になっているため、いくらが輝いて見えます。

 

このように少しの工夫で表現の幅をぐっと広げることができます。こうした技法を取り入れながら、子どもたちは、赤、黄、青、緑の絵の具を使って、マグロ、サーモン、たまご、いか、太巻き、ウニ、コーン、ハンバーグ寿司、牛カルビ寿司などを作っていきました。自分の食べたいお寿司だけあって、みんなとても集中して作ることができました。

 

一貫作り終えるごとに「へい!らっしゃい!」「お待ち!」なんて声も聞こえてきたくらい寿司職人になりきる子もいましたよ♪

 

 

 

 

最後にミニ看板製作も行いました。和柄調の雲、波、海など見本を見ながら書き写したり、生きのいい魚の絵を描いてみたり(^^

「上向きの矢印は、品質の高さを表してみたよ」と言って、文字をデザインする子もいました。このように、文字をデザインする面白さにも触れることができました。

  

 

今後も、子どもたちの表現の幅を広げられるような工作活動を行っていきます。 

 

                                                   杉山

 

 

 

 

レゴブロックで遊ぼう!

 

2021 11/25

いつもご覧いただきありがとうございます。大人が寒さで思わず身を縮める一方で、子どもたちは汗を光らせながら元気いっぱい遊んでいます。汗で体が冷えないよう、健康管理には気をつけながら見守っていきたいと思います。

 

 最近のナナホシの子どもたちは、レゴブロックで遊ぶことが多く、おやつの時間を忘れるほど夢中になって遊んでいます!(^^)!遊び方が豊富で、こちらが「そんな遊び方があったのか!」と子どもたちの発想力に驚かされています。

 

どんな遊び方をしているのかというと・・・

・レゴで形あるものをつくる。例:銃、数字、家など

・レゴでエアーホッケーゲームをする。レゴでエアーホッケーの道具をつくり、机の上でお友だちと対戦。

・レゴでコマをつくり、ベイブレードのようにしてお友だちと対戦。

 

初めは一人で組み立てて何か物をつくるという遊びをしていた子どもたちでしたが、次第にエアーホッケーやコマの対戦などお友だち同士で関わり合いながら遊ぶあそびに発展していきました。

 

そんな遊んで楽しい!レゴブロックの効果とはどんなものがあるのか紹介します。

・記憶力、思考力、集中力の向上

 ブロック遊びで指先をたくさん動かすと大脳が大いに活性化するため、思考力や記憶力アップが期待できるそうです。

また、指先を使ってブロックを操るには集中力も必要です。ブロック遊びは子どもの集中力向上にもつながります。

 

・独創性、想像力、探究心を育てる

 ブロック遊びは、ブロックを思い思いに組み合わせることによって、イメージしたことを形にしていく楽しさがあります。「次は○○  を作ってみよう」「ここをつなげて、こうやって重ねると……」と考えながら遊ぶことで、想像力、創造力を養うことができます。

 

 このように遊びながら子どもの発達に良いことがいっぱい詰まっています♪

今後、子どもたちがどんな遊びを開発するのか楽しみです♪

                                                           杉山

 

 

 

 

 

🍁笠松町運動公園に行きました🍁

 

2021 11/22 

 いつもご覧いただきありがとうございます。先日の土曜は笠松町運動公園に行きました。

 

 行く前にいつものお約束の確認です。前回活用した「へもゆじじい」の約束を子ども達と一つずつ確認しました。今回は視覚的に分かりやすく伝えるために、下記の写真のように絵カードを提示しながら説明をしました。

 

 絵カードの効果があったのか、約束を守る意識が高いなと思う行動がいくつか見られました。

『へもゆじじの「へ」は、ペアの子と一緒に手をつないで移動する』です。公園に着いた途端、「○○ちゃん、いっしょに手をつなぐよ。」と声をかけ合い、ペアの子とサッと手をつなぐ姿がありました。その他にも、「ペアの子と同じ場所で行動する、持ち物を取りに行くときは先生に伝える」などの約束をしっかりと守るために、ペアの先生、ペアの子と声をかけあって行動することができました。

 

 公園での活動は、アスレチック、滑り台、ブランコ、シーサーなどの遊具で楽しく体を動かすことが出来ました。

また、自分の顔を覆い隠すほどの落ち葉を見つけ、お面のようにして被る子もいて、「秋見つけ」を楽しむ様子も見られました。

 

 さらに、今回も芝生広場での集団鬼ごっこをすることが出来ました。子ども達は、体全身を使って、全速力で芝生広場を逃げ回りました!遊びを終えた途端、「次はこれがやりたい」「あれがやりたい」という意見がたくさん出ましたが、「それだとこの広いスペースでは遊びが成立しないよ」「逃げる人が暇になっちゃう・・・」などの意見もあり、なかなか遊びがテンポよく進まないことも・・・

 

 しかし、こうした時間も社会性を育てていくうえで必要なことです😊自分の思いを主張しながらも折り合いをつけて集団の意見とすりあわせていく合意形成の力にもつながっていくからです。自分の意見を言うことの大切さ、相手の意見を受け入れることの大切さもこうした時間から学んでもらいたいですね。

 

                                                          杉山

 

 

 

 

 

 

 

 

粘土遊びの効果とは??

 

2021 11/19

 いつもご覧いただきありがとうございます。今回は「粘土遊びの効果」について紹介したいと思います♪

 

 粘土遊びは、土曜のイベントや平日の活動の際に度々行われる遊びの一つです。子ども達は、粘土の柔らかくひんやりした感触が心地良いのか、丸めたり、伸ばしたり、ちぎったり、つまんだりなどの作業を繰り返し行って粘土遊びを楽しんでいます。また、高学年の子は、絵の具を使って色をつけ、パンケーキや食パンなどの食べ物を夢中になって作って遊ぶ子もいます。このように粘土遊びは、ナナホシの子ども達にとって大変人気のある遊びです。

 

 では粘土遊びの効果とはどんなものがあるのか紹介していきます。「粘土遊びの効果は?」といわれたら、感覚機能、手先の器用さを促す、創造力を養うことを思い浮かべると思いますが、それだけではありません。

 

 ① 思考力を育む

 引っ張る、伸ばす活動によって、粘土の形がどうなるのかを確かめながら成形していくことでしぜんと思考力を養うことができます。さらにヘラや型抜きなどの道具を使うことで、どんな変化が生まれるのかなど考えを発展させていくことで、因果関係をもとに結果を予想する力を育むことが出来るといわれています。

 

② 気持ちを落ち着かせる・社会性を育む

 粘土の独特の手触り、思いを形に変えることができるという特性が、子ども達に安心感を与えているといわれています。

また、お友だちと一緒に作った物を見せ合ったり、一緒のものを共同でつくったりすると、しぜんとそこから会話が生まれ、コミュニケーション能力を伸ばすことができます。

 

 このように粘土遊びは、子どもの発達によいことがいっぱい詰まっています。

 

粘土は、文房具屋さんなどで簡単に手に入れることができます♪ぜひご家庭でもお子様と一緒に粘土遊びを行ってみてはどうでしょうか。

                                                        杉山

 

 

 

 

 

 

 

★紙粘土でポップコーンをつくりました☆

 2021 11/17

 いつもご覧いただきありがとうございます。昼夜の寒暖の差もだんだんと大きくなり、少しずつ冬の訪れを感じる頃となりました。

先日の土曜のイベントは、紙粘土で「ポップコーン」を作りました。

 

 まずは、ポップコーンの容器をデザインしていきました。カラーペン、マスキングテープを使って「カラフル」「ポップ」「美味しそう」などのイメージで容器をデザインしました。赤・青のペンを使ってアメリカンなイメージで装飾したり、「POPCORN]と英語で書くことに挑戦したりと、各々が思い思いのままにペンを進めていきました。

 

 容器のデザインが終ったら紙粘土での作業に移ります。作る時のポイントは、丸の大きさと形です。子どもたちには見本を見せ、ポップコーンの形を観察させて特徴を捉えさせました。丸は、白玉団子のようなまん丸にするのではなく、歪なゴツゴツした丸でないとポップコーンに見えないことに気付かせて成形をしていきました。

 ポップコーンの大きさは、片手の人差し指と親指でつくる「OK」サインの丸の大きさです。指で「OK」を作りながら作っていき、大きさにもこだわりました。

 

 ここまできたら最終段階です。出来上がったポップコーンを容器の中に入れ、ボンドで固定します。固定している間に、値札表をつくり、お店屋さん風にアレンジしました!最後に黄土色の絵の具で焦げ目をつけて完成させました。

 

 完成したポップコーンを机に並べ、お決まりの鑑賞会。「どれが美味しそう?」「このポップコーン、値段が高い」「これ食べたい!」という声が聞こえ、しぜんとそこから楽しい会話が生まれました。

 

 今回の工作では、絵の具、紙粘土の使い方の技法を知り、実践していくことで、ものづくりの楽しさを経験できたのではないかと思います。手先の器用さを促しながら「つくるって楽しい」「自分でできるって楽しい」という喜びや自信につなげていけるように、今後も工作活動を取り入れていきます。

                                                        杉山

 

 

 

 

みんなでUNOを楽しんでいます♪

2021 11/12 

 いつもご覧いただきありがとうございます。肌に触れる風もだんだんと冷たくなり、晩秋の気配が感じられるようになりました。最近のナナホシは「UNO」に夢中になる子が多くいます。5,6人で大きな輪をつくり、みんなして自分の持ち手のカードとにらめっこ♪遊び終えるたびに「もう一回!」の声が止まりません。

 

 ルールが分からない子は初めに職員とペアになってルールを覚えていきました。「同じ色のカードはあるかな」「同じ数字はある?」「この記号は〇〇という意味だよ」と説明しながら一緒に遊んでいきました。このようなやり取りを通していくうちにルールを覚え、今では5,6人のお友だちを相手に一人でカードを選んで出すまでに成長した子がたくさんいます。

 

 UNOをやっている子が増えると、普段カードゲームをしないお友だちやUNOをやったことがないお友だちも気になって「入れて」と言ってやってきます。始めは固定の子がやっていた遊びでしたが、今ではナナホシの多くの子が参加する遊びになりつつあります。

 

 最近はUNOのゲームに慣れてきたお友だちが「〇〇くん、ゲームのルール分からんのなら、僕と一緒にやろう」と言って初めて遊ぶお友だちに教えてあげる姿も見られます。そうした温かい雰囲気が遊びに入りやすい空気をつくっているのかもしれません(^^)

 

 UNOをはじめとするゲームは、思考力、忍耐力、理解する力を養うことが出来ます。何より、仲間と楽しい時間を過ごすという集団活動の醍醐味を感じることが出来ます。また、「自分も出来るんだ」「自分で出来るって楽しいな」というような自信や喜びにもつながっていきます。

 

 今後もナナホシでは、子ども達に寄り添いながら、子ども達が遊びを通して成長できるように見守っていきます。

                                                        杉山

 

 

 

 

 

 

🍂合言葉は「へもゆじじい!?」で畜産センターへ🍂

2021 11/08 

 いつもご覧いただきありがとうございます。様々な色の落ち葉が舞い落ち、秋の深まりを感じられる季節になりました。先日の土曜は畜産センターに行ってきました。畜産センターに行く前に事業所内で約束の確認を行いました。

 

 今回のお約束はいつものお約束とは一味違います。今回の約束は高学年のある子が「へもゆじじい」の合言葉の約束を作ってくれました。とても分かりやすくて覚えやすい約束なので紹介したいと思います。

 

 この言葉は避難訓練で聞く「おかしも」の要領と同じように文章の頭文字を取って作られています。考えてくれた約束は以下の通りです。

 

へ・・・ペアの子、ペアの先生と一緒に行動する

も・・・持ち物を(水分を取りに行く)取りに行くときは先生に声をかける

ゆ・・・遊具鬼ごっこはしない

じ・・・時間を守る

じ・・・順番を守る

い・・・生きものを大切に扱う。最後は自然に返そう

 

 職員が「へもゆじじい」の約束を紹介すると、子ども達も思わず「へもゆじじい!」と口に出し始めました。不思議と口に出してみたくなる言葉なのかみんな唐突につぶやき始め、なんだか楽しい雰囲気になりました。「へもゆじじいの約束が守られなかったお友だちがいたら、その子にへもゆじじい!と言ってあげてください!」というとみんなケラケラ笑って、お友だちに「へもゆじじい!」と叫んでました♪こんな風に楽しく約束の合言葉を覚えることができました。

 

 畜産センターでの活動では、最初の30分は交通公園で自転車に乗りました。普段自転車に乗らない子たちにとって、練習する良い機会になりました。

 その後は全員で遊具、芝生広場に移動しました。一人の子が「鬼ごっこしよう!」とみんなに言ってくれたおかげで、全員で芝生広場で鬼ごっこをする展開になりました。

 

 なんだか小学校の昼休みの学級遊びみたいでわくわくした気持ちになりました。最後は大人も混ざって、増やし鬼ごっこ大会の始まりです。走ってみると、靴の裏から伝わってくる芝生のもふもふした感触が気持ちよいことに気付きました。

 

 芝生での遊びは、足の裏にいい刺激を与えてくれるという利点に加え、転んでも痛くないという利点があります。何度か走って転んでしまった子をみかけたのですが、痛がることがなく、すぐに立ち上がって鬼ごっこを再開させていました!

 子ども達は、広くて大きな空間で走り回ることができ、とても開放的な気持ちになったと思います。全力で走る楽しさ、みんなと遊ぶ楽しさ、自然のなかで遊ぶ楽しさを感じることができたのではないでしょうか。

また、機会があれば、公園での集団遊びを行っていきたいと思います。

                                                           杉山

 

 

 

 

 

🎃ハロウィンお化け屋敷👻

2021 11/2

 いつもご覧いただきありがとうございます。今回の土曜日は待ちに待ったハロウィンお化け屋敷を行いました!

来所時からソワソワしていた子ども達。スタッフやお友だちに「今日何時からお化け屋敷?」「怖いけど楽しみ~!」と話し、ハロウィンの話で持ちきりでした♪

 

 いよいよ午後からお化け屋敷スタート…!👻

ハロウィンらしく前回までに作ったマントとお菓子入れを持って仮装して、お化け屋敷の中にあるお菓子をゲットするというミッションで行いました!

年齢に合わせて室内には1人~3人だけが入り、残りの子たちは外の階段で待機します。待っている子たちの緊張感がとても伝わってきて、みんな静かに待つことが出来ました。 

 お化け屋敷に入った子たちは怖くて泣いたり、驚いたり、楽しそうに笑ったりと様々な姿を見せてくれました♪

中には驚かしてきたお化けに対して大きな声を出して威嚇するなど、想像していなかった面白い反応を見せてくれる子も。(笑)

 怖がりながらも「楽しかった!」と出てくる子ども達。これから入る不安そうなお友だちに「頑張れ!大丈夫だよ!」と安心する言葉や応援する言葉をかけ合い、明るくお化け屋敷を終えることが出来ました🎃

 ナナホシ岐阜の中で一番人気のあるハロウィンのお化け屋敷。

「去年よりも更に怖くなってた!」「来年はお化け側もやりたいな!」「僕が作ったやつ中にいた!」などと話していました♪

 発想力や創造性が豊かな子ども達。自分で作った物がお化け屋敷に使用されている様子を見て、とても嬉しそうでした。

また実際に自分たちが入って体験し、今までコツコツと頑張って作り上げてきたことに自信や達成感を感じているようでした。

今後も一年間の行事に合ったイベントを行うことで季節を感じつつ、様々な体験が出来るようにしていきたいと思います🎃

伏屋

👹ボール鬼ごっこ👹

 

2021 10/29

 いつもご覧いただきありがとうございます。最近はナナホシでボール鬼ごっこが流行しています♪

大きなバランスボールを使い、鬼が転がして追いかけます。当てられたら鬼が代わる、という簡単なルールの鬼ごっこです。

低学年の子どもが主に参加することが多いですが、高学年の子ども達も参加して全体で遊ぶことも多いです♪

 

 周りを見てぶつからないようにしながらボールにも意識して動かなくてはいけないので、空間認知力や危険予知のトレーニングにもなります。全員で遊ぶことも出来るので、異年齢での関わりも生まれ、そこで仲良くなる子ども達もいました♪

 

今後も様々な遊びを通してお友だちとの関わり方や集団への参加を促していきたいと思います!

伏屋

👻お化け屋敷製作👻

 

2021 10/25

 いつもご覧いただきありがとうございます。今回の土曜日は先週に続きハロウィン製作のイベントを行いました。

 今回の製作ではハロウィンで行うお化け屋敷に使用する大道具や小道具を作りました。

 

 ペットボトルに水と片栗粉と赤や黒の絵の具を混ぜて血のりを作って、職員の持ってきた白いスカートに血が付いたように塗ったり、米袋を木のお化けにして目や口を描いた後に、筆を弾いて血が飛び散ったようにしたり、段ボールで作った大きなお化けに赤で手形のスタンプを押してみたり、塗り方にも工夫をして、怖さを表現していました。

 今日のイベントをやる前から「怖いお面を作りたい」と言っていたので紙粘土を準備してあげると、早速いの一番にドクロの型紙を作って、そこに上手に紙粘土を張り付けていて、出来上がるととても嬉しそうな笑顔を見せていました。

 

 イベントの始めに、少し見本になるような写真は見せましたが、色々な材料を前に子ども達で想像力を膨らませて職員の手も少しずつ借りながら友達同士で楽しく作っていました。

 イベントでの製作を通して、表現する楽しさや仲間と一つの物を協力して作り上げる楽しさを感じてもらうことができたと思います。

 イベント以外でも普段の活動の中でもこういった楽しさを味わえるようにしていきます。

小縣

🍱○○屋さん🍱

 

2021 10/22

 いつもご覧いただきありがとうございます。本日は子ども達のアイデアの豊富さをお伝えしたいと思います。

 ハロウィンなど、イベントで職員が見本になるようなものを見せたりして作る制作の中でも、そこから工夫して様々なものを作りだしている子ども達ですが、普段の遊びの中でも、自らの発想で上手に世界感を作りだしています。

 

 お弁当屋さんでオムライス、エビフライ、ハンバーグを作ったり、お寿司屋さんで様々なネタを作ったり、「いくらが食べたいな」とリクエストすると、「いいよぉ~」とリクエストに応えてくれたりしています。

 中には、おにぎり屋さんで折り紙で袋状にして中の具材を入れ替えられるおにぎりを作っている子もいました。

 

 メニュー表も作っていて、鮭おにぎりは、鮭フレークと紅しゃけを選べるこだわりよう!!
 具材も、多め(+20円)・普通・少なめ(-20円)と細かな設定もしていて感心しました。

 300円以上買うと、くじ引きもできて、半額券や好きなおにぎりかドリンク一つ無料の券などと当たりのバリエーションも豊富で

もちろん、空くじも入っていました。

 「あんまり当たってもダメやでハズレもいっぱいいれとこ」なんてちゃんと商売っ気もたっぷりでしたよ♪

 製作活動と一緒に、細かな設定を大切にごっこ遊びで想像力を膨らませて、言葉のやり取りを楽しんでいきたいと思います。

小縣

🎃ハロウィン制作🎃

 

2021 10/19

 いつもご覧いただきありがとうございます。今回の土曜日はハロウィン制作のイベントを行いました♪

今回の製作では、ハロウィンパーティーに使用するハロウィンマントとお菓子入れを作りました。

 

 ハロウィンマントでは、魔女や吸血鬼など自分の作りたいマントのイメージをして作り、一人ひとりの個性あるマントが出来上がりました!フードの付いているマントや、服の裾がビリビリに引き裂かれているマント、マントの中の魔女の服まで作る子など、自由に作ってハロウィンのイメージを膨らませていました✨

 中には、「マント以外にも魔女の帽子を作りたい!」と言い、自分で考えて被れる大きなとんがり帽子を作る子もいました。製作時、大人以上にイメージや創造力で力を発揮する子が多くて素敵だなあと感じました♪

 

 お菓子入れでは紙コップを使い、こちらも自分たちで作りたいものをイメージしたデザインの入れ物に仕上がりました!

お手本として様々なデザインの物を用意しておくと、そこから更に付け加えてオリジナルに工夫する子ども達。

お互いに見せ合ったり、工夫したところを真似したり教え合いながら協力して作品を作ることが出来ていました♪

 

 

ハロウィンパーティーは二週間後ですが、もうすでに楽しみにしている子が沢山🎃✨

 

今回のように自分たちで考えながらデザインしたり作ってみたり…といった活動を積極的に取り入れて、発想力や想像力を今後も身に付けていけるような制作やイベントを行っていきたいと思います♪

 

伏屋

🍀線鬼ごっこ🍀

 

2021 10/14

 いつもご覧いただきありがとうございます。本日は最近ナナホシで流行っている線鬼ごっこの紹介をしたいと思います♪

線鬼ごっことは、鬼も逃げる人も線の上しか走ってはいけないという縛りのある代わり鬼ごっこのことです。

 

普段の鬼ごっこよりも小さなスペースで行うことができ、身体を動かすことが苦手な子でも参加しやすい遊びです♪

鬼から夢中になって逃げると脱線してしまうため、鬼も線も意識して逃げなければいけない所がこの鬼ごっこの難しいポイントです。

「線の上を走る」「鬼から逃げる」「他の子とぶつからないように走る」など、同時に頭の中で処理しなくてはいけない事が多いので脳の発達にも繋がります。

 

実際に行う中でナナホシでも脱線してしまう子が多く、意識することが難しいようでした💦

そこで「脱線したら鬼になる」というルールを追加して行うと、みんな意識出来て脱線することが減りました!

遊びの中で意識させたいときは関係のあるルールでペナルティのようにすると、楽しみながら意識してくれます♪

 

今後も様々な面白い遊びを提供したいと思います✨

 

伏屋

🌟公園に行きました🌟

2021 10/9

いつもご覧いただきありがとうございます。

先日の土曜日も2つのチームに別れて長良公園・木ノ本公園に行ってきました。

 

木ノ本公園では、人も少なくナナホシの子と職員で気兼ねなくゆったり楽しめました。

 

長良公園では、先週加納城址公園チームだった子が「長良公園は大きい遊具があるから楽しみ」と出かける前からウキウキでした。

その楽しい気持ちを大切にしつつ、安全のための約束も確認していくと、ちゃんと話を聞いてくれていました。

 

公園に着くと、早速ペアの子同士で「あっちの蟻地獄やってこよう」などと話をし、思い切り走っていました。

声が反射する遊具では、公園で会った子と「○○幼稚園に行ってるの。運動会があったの。」などと自然に会話をして楽しんでいました。

 

遊具での遊びに少し疲れると、「あっちの日陰で休憩しよう」と子どもの方から声をかけてきて、水筒を持って木陰に移動したのですが、休む間もなく虫探しが始まっていました。

 

木の上の方のセミの抜け殻をどうやったら採れるかみんなで考えたりしていました。

まだまだ暑さを感じる中でしたが、戸外で体を動かすことで気分もスッキリ楽しめました。

季節の変わり目なので、衣服の調節などに配慮しながら、体をいっぱい動かして活動できるようにしていきます

小縣

🌠チャンバラ遊び🌠

2021 10/6

 

 いつもご覧いただきありがとうございます。ブログにも度々出てきますみんなが大好きチャンバラ棒での戦いの中での、最近の変化を紹介させていただきます!

 

チャンバラ棒を持って”顔より下を叩く!”という遊び方はしっかり定着してきました。”叩かれたら5秒倒れる”はあまり意識はしていないようです。

また、“チャンバラ棒を持っていない子に対しては叩きにいかない“という約束は自分たちでちゃんと意識して守れています。

 

子ども達は、思い切り振りかぶってフルスイング!!

見ている側の感想としては、「叩く勢いが強過ぎてケンカに発展してしまわないかな?」と思いつつ、個々の様子を見守っています。

バシバシと叩き合う中で、「叩かれて痛かったから、もっと痛く叩き返してやろう」という感じは特に見られません。

やられたぁ~!負けないぞ!!といった感じです。

 

しかし、バシバシ勢いよく叩き合う中で、不意に顔の近くに当たってしまい、友達が一瞬顔をゆがませると、それをちゃんと察知して自然と「ごめん。」という言葉が聞こえてきました。

叩かれた方も、相手がわざとではないことを理解してか、怒ることもなく、気持ちの切り替えができているようでした。

瞬間的な痛みに対して、イラっと怒りの感情が湧くことは、大人でもありますが、子どもたちが、そこをちゃんと堪えることができていて、気持ちの切り替えが出来るように成長しているんだなと感じました。

 

ナナホシでは子どもたちが遊びを通して、子どもたち自身が自分たちの持っている力で、心も身体も強くなれるように、すぐに手を出す声を掛けるのではなく、危険のない範囲で根気よく見守りサポートしていきたいと思います!

 

 

小縣

🍁公園に行きました🍂

2021 10/2

 いつもご覧いただきありがとうございます。

先日の土曜日は2つのチームに分かれて加納城址公園・長良公園に行ってきました!

 

加納城址公園では、先週も行ったため今回は子どもたちが主体となって公園周辺を探索したり遊具の所にみんなで行ったりと集団で動くことができました!大きなシャボン玉を作ったり、それを割ろうと走って体を動かしたりと広い公園ならではの遊びを楽しむことが出来、子どもたちも楽しそうでした♪

 

長良公園はナナホシで行くのはとても久しぶり!コロナが落ち着いてきたことでやっと行けるようになり、子どもたちも前日からワクワクしていました。ナナホシでは、大きな遊具が多いことや遊びに来る小さなお子さんが多いことを配慮し安全のためにお約束をいくつか設けてから行きました。

①遊具鬼ごっこをしない②順番を守る③移動する時はペアで行動する…などお約束の確認を事前に行いました。

いざ着くと、すでに沢山の子どもたちが遊んでいました。遊びに夢中になってお約束を忘れてしまうか心配でしたが、公園で会ったお友だちから遊具鬼ごっこに誘われた子も「お約束で遊具の中で走ったらだめだから」と守ることができていました!

最近は室内で過ごすことが多かった子どもたち。カラッとした秋晴れの中、沢山のお友だちと関わり遊具で元気いっぱい体を動かせて気分も明るくなったように感じます🍁

今後もコロナの状況を見て、少しでも子どもたちが体を動かして活動できるように考えていきたいと思います♪

伏屋

🌲ナナジャモンジャ☺

2021 9/28

 いつもご覧いただきありがとうございます。最近ナナホシで流行っている遊びを紹介します!

コロナ渦で室内で過ごす時間が増え、カードゲームやボードゲームが流行りましたよね。

その中に”なんじゃもんじゃ”というカードゲームがあります。カードをめくるたびに頭足人のような

頭から手足が生えた謎の生物が描かれており、その生物に思い付きで名前を付けていき、カードの山札をめくっていくうちに

名前を付けた生物が再度現れたら誰よりも先に名前を叫ぶ!というゲームです。

生物に名前を付けるだけで出来る遊びなので4.5歳の子どもから参加できるのもいい所です✨

 そこでナナホシではオリジナルのなんじゃもんじゃ”ナナジャモンジャ”を子どもとスタッフで

生物を考え画用紙に書きカードを作ってみました(((o(*゚▽゚*)o)))

作ったみんなでゲームを始めると、盛り上がり具合に周りの子どもたちも集まってきて

「僕もやりたい!」「私もいれて!」など参加しに来てくれました。

モンスターにつける名前もいろいろなネーミングセンスがあり笑いが止まりません(笑)

面白い名前や、難しい名前、噛みそうな名前を付けたりとても楽しい雰囲気の中行えています。

順番を守ることや、記憶すること、発想の自由が鍛えられる遊びです♪

阿部

🌞久しぶりの加納城址公園🍀

2021 9/27

 いつもご覧いただきありがとうございます。先日の土曜日は、久しぶりの野外活動で加納城址公園に行ってきました。

コロナも落ち着き始めたのでやっとみんなでお出かけです(o^―^o)

最近室内での活動が多かったため、広々とした空間で体を思いっきり動かすことが出来てみんなイキイキとしていましたよ。

 ちょっとした坂を上るとまるで森の中に入ったかのような場所があったのですが、”ナナホシ探検隊”と称して冒険ごっこをしてみたり

ひろーーーい広場でかけっこやシャボン玉をしてみたり、少し歩くと遊具があったのでブランコやシーソーなどもあり

お友だちと大はしゃぎ!久しぶりの公園に大満足のみんなでした。今まで溜まっていたうずうずが

解放されたかのように笑顔になり、清々しさを感じました。やっぱり、外でお日様の光を浴びて体を動かすことは大切ですね。

これから過ごしやすい気温になると思うので外での活動も増やしつつ楽しく活動していきたいと思います!

阿部

🎩マジックスクリ―ン作り✨

2021 9/13

 いつもご覧いただきありがとうございます。先日土曜日は、緊急事態宣言に伴いアクアトト休館のためイベント内容を工作に変更し

マジックスクリーン作りを行いました。ん?マジックスクリーン?皆様はご存じですか?

引っ張り出すと絵が変わる魔法のような変化が楽しめるカードのおもちゃです。

子ども達は何が出てくるかな?と様々な想像をしながら興味津々で考え、楽しんでくれました。 
「どうなってるの?」と不思議な仕掛けに思考を巡らせることで、好奇心や探求心の刺激にもつながりそうですね。 
クリアファイルと画用紙だけで簡単に作ることができるのもマジックシアターの魅力の1つです。

子どもたちも自分で制作を進めていくごとに仕掛けが分かりとても嬉しそうでした。

1つだけ作るのではなくてもっとたくさん作りたい!と、何個も作ってくれた子もいましたよ。

”自分の好きなものを描いてね”が苦手な子が多いのですが何個か作るうちにどんどんアイディアが湧いて

オリジナルキャラクターを描いたり、シルエットクイズのようなものにしたりアレンジがたくさん出来ました。

様々な活動を通して自己表現出来たり、指先の運動に繋げたり子どもたちの発達を促していきたいと思います。

阿部

🌟チャンバラ遊び🌟

2021 9/10

 いつもご覧いただきありがとうございます。最近ナナホシではチャンバラ棒での戦いが流行っています。

今までもずっと行っていた遊びですが、最近少し変化があったので紹介させていただきます!

チャンバラ棒を持って”顔より下を叩く!叩く!”が普段の遊び方でしたが、今の遊び方は”叩かれたら5秒倒れる”です。

やられたから僕も、私も!ではなく一呼吸置くことにより気持ちの切り替えの練習にも繋がりますよね。

たまに忘れて叩かれてもすぐに挑みに行く姿も見られますが、一声かけると「そうだった!」といい

自分から倒れてまた挑戦しに行く姿が見られます。

普段の気持ちの切り替えも上手くいくようになると良いなと思い見守っています。

ナナホシでは遊びを通して体の動かし方であったり、気持ちのコントロールを出来るようになれるように声かけなどを行っています。

子どもたちと様々な活動を通して、心も身体も強くなれるようにこれからもサポートしていきます!

阿部

🍬モリヤでお買い物🍪

2021 9/6

 いつもご覧いただきありがとうございます。先日の土曜日は科学館でのイベントを中止しでモリヤに行きました。

コロナ感染者数が増えてきていることもあり、ナナホシでは対策として午前午後の2グループに分けてお買い物に出掛けました。

来所してきたときからルンルンの子どもたち♪よっぽど楽しみなんですね😊

いつもは50円程のお菓子を職員がランダムで組み合わせて出していますがモリヤでのお買い物は

100円までで、自分の好きなものを!もうワクワクがとましませんね♥

モリヤでのイベントも何回か行ってきていますが、みんな少しづつ計算ができるようになってきているなと感じます。

前回は自分の計算に自信が無く、近くのお友だちの買うお菓子を真似て購入してみたりしていたお友だちも

今回は自分の力で計算してレジまで持っていくことが出来ました。繰り返し行う事の大切さを感じますね〇

また、子ども同士で「これなら2つ買えるよ!」「あと、12円だね」と教え合う姿もあり感心しました。

計算が苦手なお友だちには、もちろんスタッフも付き一緒に何が買えるのか相談しながら行っていますよ。

「僕はこれ買ったんだー」 「私も買ったよ!!」「それどこにあったの?」

みんなでお菓子の見せ合っこ。とても楽しそうでした。

またモリヤに行くのが楽しみなみんなです。

阿部

 

✂おもちゃづくりをしました✂

 

2021 8/17

 

 いつもご覧いただきありがとうございます。先日の土曜はイベントにて、夏祭りに使うおもちゃ製作を行いました。岐南の事業所の子が遊びに来てくれたので、岐阜の子と岐南の子との共同製作となりました😊

 

 製作したおもちゃは、「ペットボトルボウリング」と「輪投げ」です。子どもたちは、ボウリング製作チームと輪投げ製作チームに分かれて製作を行いました。今回は、1人1つの作品を作るのではなく、みんなで協力して1つの作品を作らなくてはいけません。リーダーを中心に、チームのみんなで「点数はどうする?」「土台を作ってみるのはどうかな?」というような話し合いをして製作を進めていきました。

 ボウリングチームは、ボウリングのピンを置く土台作りと、ピンの製作に二手に分かれての活動を行っていました😊ピンの製作は、丸シールやカラーテープを彩りよく貼り付け、見た目が華やかになるようにデザインしていきました。

 土台作りチームは、ピンを置く位置が分かるように、段ボールに丸い形に切ったカラフルな折り紙を貼っていく作業を行いました。見た目だけでなく、性能の面にもこだわってつくることができました。

 

 輪投げチームの方は、紙コップで支柱をつくりました。ボウリングチーム同様、丸シールとカラーテープやマスキングテープを貼って支柱をデザインしました。こちらのチームは、丸シールを繋ぎ合わせてりんご、ぶどう、すいかなどの果物類を作っていき、楽しい見た目に仕上げることができました。更に厚紙で足の型の模型をつくって輪投げの投げる位置を分かりやすくするという工夫が見られました。

 

 

 

 どちらのチームも楽しいと思えるような見た目や、遊びが進行しやすくなるような工夫にこだわってつくることができました。完成した後は、子どもたちの達成感や満足感で溢れる顔がたくさん見られました♪来週の夏祭りのイベントが楽しみですね😊

                        

                                                          杉山

 

✂かき氷制作を行いました🍧

 

2021 8/12

 いつもご覧いただきありがとうございます。先日の土曜のイベントは工作活動を行いました。今回は丸シールアート兼ティッシュと水性ペンでつくるかき氷をつくりました。

 

 まずは、かき氷の容器に丸シールやマスキングテープを貼り付けて器のデザインをしました。子どもたちは、シールを繋ぎ合わせたり、重ね合わせたり、半分に切ったりして恐竜や花、すいか、ゲームのキャラクターなどを作り上げていきました。また、シールを無造作に貼ってドット柄をつくり上げていく子もいました♪子どもたちは手を止めることなく、思い思いのままにシールを貼る作業を楽しむことができました♪

 

 器のデザインが出来上がると、次は氷とシロップ作りです。手順は以下の通りに行いました。

手順① ティッシュをふんわりとした山の形に整え、上の部分に好きな味のシロップと同じ色の水性ペンで色をつけます。

手順➁ 少量の水を手につけ、水性ペンの色がのったところに滲ませるようにして軽く指でたたきます。

 

 このように滲み絵の手法で進めていくと、かき氷のシロップが氷に溶けていく感じを表現することができます。

その後は、手書きの値札表とストローを添えてサンプル風にアレンジしました。

 

 最後はみんなの作品を机の上に並べ、かき氷店を開店!いろんな種類のかき氷が並んでいるのを見て、どれ食べたい?どれを買おうかな?これはいいお値段だね!という会話がしぜんとうまれました✨

 

 

 この作品は再来週行われる夏祭りのイベントの飾り物として使用する予定でいます。夏祭りが終わった後は、お家の飾り物として使用できますし、また、かき氷の中身を抜くとペン立てとしても使用できます!

 

 今後、子どもたちがどのようにして使うのか楽しみですね

 

                                                         杉山

 

大津谷公園で水遊び🏊💦

 

2021 8/3

 いつもご覧いただきありがとうございます。前回に続き今回も土曜日のイベントでは大津谷公園に行きました!

大津谷公園での水遊びが大好きな子どもたち。同じ場所でも「今週も行けるの!?やったー!」とイベント前から楽しみにする姿が見られました♪

 

 今回も同じように約束を確認して活動を行いましたが、遊び方が前回とは違いました👀

前回は水遊びメインだった子どもたちですが、今回は「カニを探そう!」「カナヘビ見つけたよ!」と生きもの探しメインで活動を行っていました!

 普段は虫や生き物が苦手で触ることが出来ない子たちでも、自然の中で集団で生きもの探しの活動を行うことで少し開放的になれたのか自ら触ることに挑戦する姿も見られました✋🦀

 また、触れるようになった子はそれが自信に繋がったのか積極的に活動に参加し、カニのお家を作ったりオタマジャクシの池を作ったりと更に遊びを発展させて活動を行うことが出来ました✨

 

 生きもの探しをした後はまた水遊び!滝のような場所に頭や体をもぐらせて滝行をして遊んだり、皆で並んで座って体を冷やしたりと様々な遊び方で楽しむ様子が見られました🏊💦

 

 今回のイベントでは水遊びだけではなく、自然や生き物に興味を持つことが出来ました♪

また、興味を持ち苦手なものに挑戦することで自信をつけることが出来、自己肯定感も上がったと思います。

今後も様々なイベントを通して、苦手なことに挑戦したり困難を乗り越えていける力を養っていけるような活動を提案していきます✨

 

伏屋

 

 

😎大津谷公園に行きました🥽

 

2021 7/27

 いつもご覧いただきありがとうございます。先日の土曜はイベントにて大津谷公園行って水遊びを行いました。

子どもたちと出発する前にいくつか約束事を確認しました。今回はいつもの公園にいくイベントとは一味違います。いつもの集団遊びおよび集団行動に関する約束事に付け加え、水遊びに関する約束事、熱中症に関する約束事が加わります。どの約束事も自分の命を守るうえで大切な約束事であることを強調しました。

 

 熱中症対策のひとつである「こまめな水分補給をとること」を徹底するために、「全員が20分おきに集合場所に戻り、水分補給をし休憩をはさむ」という約束(ルール)を設けました。この約束は、仲間が水を飲む姿を見て「自分も飲まなくてはいけない」という意識が芽生えやすくなります。また、お互いに注意をし合える目が増えたり、声をかけ合ったりすることもできるという良さがあります。「朱に交われば赤くなる」という言葉の通り、約束事はみんなで行なうとそのルールがしぜんと定着しやすくなります。

 

 実際に子どもたちは約束事に関する意識が高く、こちらがとても感心するようなことがたくさんありました。「あと何分で休憩するの」「あと何分で戻るの?(集合場所に)」と低学年の男のたちが職員に質問する場面が見られました。

 

 水遊びでの活動では、頭を水につけて涼む子、おたまじゃくしを捕まえるといった自然遊びをする子、お友だちとばしゃばしゃと水をかけあって遊ぶ子、浅瀬のところで寝転がる子など子どもたちのそれぞれの思いのままに活動することができました。

 

 そして、普段目にはしない緑豊かな木々、水面、水の流れる音といった自然豊かな景色や音色に癒されたことと思います。こうした経験をきっかけに自然に興味を持ち、自然を好きになってもらいたいと思います。

 

 今後も水遊びで安全に遊ぶための約束事を守らせ、楽しく活動できるように見守っていきたいと思います。

                                                          杉山

 

 

 

 

 

🎈風船バレーで遊ぼう

 

2021 7/21

 いつもご覧いただきありがとうございます。汗ばむような暑さが続き、夏の訪れを感じる季節となりました。本日から夏休みに入る子どもたちは、公園での水遊びや夏祭りといったナナホシの行事を楽しみにしています。子どもたちの体調管理に気をつけながら、夏休みも楽しく過ごしていきたいと思います。

 

 最近の子どもたちは、事業所内で風船バレーをして体を動かしています。3対3や2対2に分かれ、チーム戦で戦って遊んでいます。職員がボードに「正」の字を書いて点数を記入して、ゲームの状況を把握しやすくしています。子どもたちは点数が入るたびに大喜びで、点数がマッチポイントやシーソーゲームのような展開になると更に盛り上がり、白熱したゲームとなっていきます。

 

 風船バレーを行うことで、目と手の協応性を促進することができます。協応性というのは、「複数の器官や機能がかみあってはたらくこと」を指します。風船バレーは、風船を目で見て、風船の動きに合わせて手を使うことで、目と手を両方動かします。本や黒板で見たものをノートに写す作業が苦手な子も、「目と手」の協応の運動を行うことでこの作業がしやすくなるといわれています。

 

 また、あちこちに動き回る風船を目で追うことでしぜんと眼球運動を促進させます。更に、風船の動きに合わせて、自分と風船との距離を素早く正確に把握、認識する力もはたらくので、空間認知能力の向上にもつながっていきます。

 

 このように楽しく遊びながら子どもの発達によいことがいっぱい詰まっています♪

風船バレーは、家でも簡単にでき、身体もたくさん動かせるので、ぜひお家でも行なってみてはどうでしょうか。

                                                          杉山

 

 

 

🛁バスボム作り🛁

2021 7/19

 いつもご覧いただきありがとうございます。今回土曜日のイベントでは、バスボム作りを行いました!

ナナホシ岐阜では初めて行ったので、数日前からこのイベントを楽しみにしてくれている子どもたちがとても多かったです♪

 

 重曹とクエン酸を混ぜて行なうバスボム作り。霧吹きで水をかけるとシュワシュワと音を立てて発砲する様子に、「すごい!なんでこうなるの!?」と驚いたり、「濡れたら柔らかくなった!」と感触の変化を楽しんだりと、実験のように楽しむ様子が見られました✨
 色を付けたりする作業はペアで行ないました。一人が霧吹き・もう一人が混ぜる、と役割分担しているペアや、二人で交互に役割を代えて行なうペアなど、子どもたちで考えて協力することができました!

 

 型に詰めたり、手で握って丸めたりしてバスボムを作りました。上手く固めることができない子に対して「スプーンの背中で押すといいよ!」とアドバイスする子や、色の綺麗な混ぜ方を一緒に考えて型に詰める子など、様々な良い姿が見られました♪

 

 また、今回はバスボムの中にお湯で溶けるスポンジカプセルを入れる工夫をしてみました✨入浴が嫌いな子・シャワーのみであまり湯船に入りたがらない子たちでも、カプセルの中身が気になって「早くお風呂に入りたい!」と楽しみにしてくれて入浴を促すきっかけになりました♪中身のデザインが皆違うことを伝えると、「じゃあ月曜日のナナホシで皆教え合おうね!」と約束しており、普段関わらない子ども同士でもお友だちとの輪のつながりができました!

 今回初めてのバスボム作りでしたが、子どもたちみんな楽しむことができてとっても良かったです😊

 

 今後もまたイベントで新しいことに挑戦し、様々な体験が出来るように考えていきたいと思います🍀

 

伏屋

✂ストロー工作✂

2021 7/14

 いつもご覧いただきありがとうございます。最近、一部の子どもたちの中でストロー工作がブームとなっています!

ストロー工作では主に様々な大きさや太さのストローを使い、船を作って水に浮かばせる遊びを行っています♪

 

 ストローは紙とは違って固く、筒状の形をしているのでハサミの使い方や力加減の練習にもなります。また、複数のストローをテープで巻いて繋げる作業が中々難しく、普段の紙の工作では経験出来ない活動も行うことが出来ます。

 

 この前行ったストロー工作ではお友だち同士で作った船をどちらが長く浮かばせられるか競って遊びました。その中で、なかなか上手く浮かばせることが出来ず苦戦してしまう子がいました。すると、「ここもテープで止めるといいよ」「ここはストロー外したほうがいいんじゃない?」と教え合う子どもたちの姿が見られました。

 また、「この上に刺してるストローが長すぎてバランスを崩してるんじゃない?短くしてみようよ!」と、短くして再度浮かばせて確かめ「本当だ!すごい!前と後ろのバランスも大事なんだね」と実験しながら学んで遊ぶこともできました✨

 

 

 スタッフがアイデアを出したり助けたりしなくても、子どもたちだけで考えて行ったストロー工作。自分たちで行った事で達成感も味わうことが出来ました!

 お家でお風呂に浮かべて遊ぶことも楽しみにしていた子どもたち。手先の発達や想像力を養いながらお風呂嫌いの子もお風呂に入るきっかけになるので是非行ってみてください🍀

 

伏屋

 

 

🍬お買い物と水遊びを行いました👒

 2021 7/12

 いつもご覧いただきありがとうございます。先日の土曜はイベントにてモリヤにお買い物に行きました。また、今年度初の水遊びを近くの公園で行いました。

 

 お買い物イベントは予算が100円と決まっていて、子どもたちはその予算内で好きなお菓子を選んで購入することができます。子どもたちは10円から50円ほどの駄菓子を上手に計算しながら組み合わせてお買い物をしました。計算が難しい子は職員といっしょに計算機を使って購入しました。

 

 今回のイベントはお買い物のスピードが以前と比べてとても速くなった子がたくさんいました。みんなお買い物の計算が速くなったのだと思います!すごい成長です✨

 

 そして今回はお買い物以外にも公園での水遊びを行いました。足首程の浅瀬の游水路にサンダルで入り、足をばしゃばしゃと水を切るようにして動かしたり、足湯のように石堀に腰をかけて足首だけ水に浸かって涼んだりと水遊びを楽しみました。冷たい!ひんやり!気持ちいい!また来たい!という感想の声をたくさん聞くことができました。暑さを感じる一日のなかでこうして公園に行けたことでよい気分転換にもなりました✨

 

 また夏休みになったら子どもたちといっしょに遊びに行きたいと思います。

 

                                                          杉山

 

 

 

 

 

 

サービス提供再開のお知らせ 

 

2020/05/20 

 

 

日頃はナナホシ各事業所でのサービスにご理解、ご協力をいただき誠にありがとうございます。 今後のサービス提供再開についての予定をお知らせいたします。

 

 現在、ナナホシでは新型コロナウイルス感染防止対策として、電話支援、家庭訪問支援等の代替えサービスを中心に行っておりますが、5月15日(金)岐阜県から新型コロナウイルス感染症非常事態宣言が解除されたことを受け、6月1日(月)より通常のサービス提供を再開させていただく予定にしております。

同時に、今後も再流行のリスクが存在することから、事業所内では引き続き感染拡大防止対策の徹底に取り組みながらも、今後2週間の県内の感染拡大の状況を十分に注視しつつ、お子様の安全確保に向けて再開への準備を進めてまいります。

 

 また、6月1日以降、学校再開となった際の分散登校のお迎え時間体調管理においても、各ご家庭とのより一層の連携をさせていただく必要があります。お子様が通われている各学校、幼稚園、保育所等からの通知がありましたら、早めにお知らせいただきますよう、よろしくお願いいたします。あわせて、5月からお配りしております「体調チェックシート」の記入と回収をさせていただきますので、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

以上

 

 

 

岐阜県からの「新型コロナウイルス感染症非常事態宣言」 に係る休業要請による、

 

事業所内サービスの臨時休業延長について

 

2020/04/28

 

令和2年4月24日付で、岐阜県健康福祉部長から

「新型コロナウイルスの感染拡大防止のための障害児通所支援事業所の使用制限等の期限の延長について」

にて、休業等の協力要請期間を5月31日(日)まで延長する旨通知されました。

通知文書(指定障害児通所支援事業所運営法人代表者様)(PDF:197KB)

 

これを受けまして、ナナホシ全事業所では、臨時休業期間を5月31日まで延長し、

期間中の(事業所内でのサービス)を下記4月13日記載の内容で、継続して行うことといたしました。

 

スムーズな通所再開に向けて、より一層尽力いたしますので、

代替サービスでの支援の継続にご理解とご協力をお願いいたします。

 

 

 

 

 岐阜県からの「新型コロナウイルス感染症非常事態宣言」 に係る休業要請による、

事業所内サービスの臨時休業について

 

2020/04/13

 

岐阜県からの休業要請をうけ「ナナホシ全事業所」では、児童・職員のウィルス感染を防ぐため、下記の期間中は

(事業所内でのサービス)を臨時休業致します。 職員の体制は縮小し、下記時間帯に(代替サービス)を実施します。

 

臨時休業期間  413日(月)~  56日(水)

      *非常事態宣言解除まで

 

代替サービス時間     10:0016:00

 

 

代替サービスの内容

・電話、メールによる児童の健康管理、生活リズムの管理
・家庭訪問による児童、保護者との面談による状況把握、個別相談
・ホームページ内での「遊び動画」の配信と連絡


上記のように、状況が落ち着いた後のスムーズな通所再開に向けた準備を行っておりますので、

代替サービスでの、支援の継続にご理解とご協力をお願いいたします。

 

ナナホシ職員一同

 

岐阜県教育委員会

新型コロナウイルス感染症関連情報

(1)県立学校の臨時休業について

 県内の感染状況を踏まえ、子どもの健康と安全と、感染拡大防止の観点から、全ての県立学校について、4月19日(日)まで臨時休業とします。 (岐阜県公式ホームページより引用)

 

 

   上記の通知を受けまして、ナナホシ各事業所としましては、当該期間のサービス提供時間を変更します。

   学校休業日と同様の10:00~16:00とさせていただきます。

  (ナナホシ岐阜事業所、児童発達支援のみ変わらず、10:30~16:30のサービス提供とさせていただきます。)

 

   学校臨時休業期間

   令和2年4月7日から令和2年4月19日まで。

 

   令和2年4月6日

 

 

※新型コロナウイルス感染症の対応につきまして

 

 

  日頃よりナナホシの活動にご協力いただきありがとうございます。

現在流行しております、新型コロナウイルス感染症への対策につきましてお知らせいたします。

 

 新型コロナウイルス感染症対策のための小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校等における一斉臨時休業について、令和2年2月 28 日付文部科学事務次官より通知がありました。

 

 学校臨時休業期間

 令和2年3月2日より、春休みまで。

 

 ナナホシ各事業所としましては、当該期間のサービス提供時間を変更し、学校休業日と同様の10:00~16:00とさせていただきます。

 

ご利用時の注意点

 

1.基本的にインフルエンザと同様、厚生労働省の掲示に基づき、手洗い、うがい、消毒を徹底いたします。

 

2. 利用予定日の当日、ご自宅で検温をおこない、熱があるときは事前に必ずライン又はメールにてご連絡をお願いいたします。

 

3.お子様の送迎時と来所の際には、体調確認をさせていただきます。

 

4.37.5度以上の熱、咳、過去に発熱が認められた場合には解熱後24時間以上が経過し呼吸器症状が改善傾向となるまではお休みしていただきます。

 

5.感染を防ぐため、感染リスクの高い場所での外出イベント等は変更させていただく場合がございます。

 

 

政府から新たに方針が発表となった場合は、改めて通知させていただきます。

 

皆さまには大変ご心配のことと存じますが、ご協力の程よろしくお願いいたします。

よろしくお願い致します。(令和2年2月29日)

 

 

1.感染防止のために

・手洗い、手指などの消毒をしてください。

・マスクをお持ちの方はマスクの着用をしてください。

 

2.蔓延防止のために

次の症状がある方は事業所まで連絡をしていただき、来所をせず自宅で療養してください。

・検温時に37.5度以上の熱がある

・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある

また、家族や接触の多い人に、下記の症状がある方がいる場合も、出勤(来所)せず、自宅待機してください。

・風邪の症状や37.5度以上の熱が4日間続いている

・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある