岐阜市 児童発達支援

ナナホシぎふブログ

子どもたちの活動や、日々の出来事を更新していきます♪

ナナホシ ナナホシ岐阜 ナナホシ蘇原 ナナホシ岐南 放課後等デイサービス 児童発達支援 岐阜市 各務原市

💫秘密基地💫

2022/5/19

 

 いつもご覧いただきありがとうございます。

 先日、雨降りの日に支援室で”秘密基地”ごっこをしました。

 うんていに大きな布を上から掛けると、『うわ~、なになに~❗❓』と集まって来ました。そして、「秘密基地を作ろう❗」とスタッフが誘うと、『やりた~い😍』と元気にこたえてくれました。電気を消すと雨のため部屋の中は薄暗くなり、いつもと違う雰囲気に”ワクワク” ”ドキドキ”大喜び🤩うんていにマットを立てかけ隠れる場所をつくると、秘密基地に隠れてお友だちを驚かせたり、『夜だよ~』『お化け出てくる~』などと大興奮❗

 後から秘密基地を見つけた子が『ぼくも入りたい、入れて』と聞くと、中にいた子はすぐに『いいよ』と仲間入りさせてあげていて、遊びをしっかりと共有することが出来ていました。秘密基地の居心地がよかったようで、『寝よっか💤』『おやすみなさ~い🌙』と寝転んでみたり、明るい部屋とは違い『本当に夜みたいだね』と基地の中で子ども達同士の会話をたくさん聞くことができました。

 今回のような暗闇での遊びでは、普段と違う空間や暗さの中で様々な発想や言葉を自然に発することができました。いつも、なかなか自分から”入れて”と言うことができない子や、お友だちを入れてあげことが難しい子も同じ空間で一緒に遊ぶことができ、楽しい”秘密基地ごっこ”になりました💫

 これから梅雨の時期になるとお天気の悪い日が増えると思うので、室内ならではの遊びを展開していきたいと思います。  稲山

 

🍓いちごパフェを作ったよ🍓

2022/5/16

 

 いつもご覧いただきありがとうございます。

 5月14日にイベントで『いちごパフェ作り』をしました。『今日はパフェ作るんでしょ❓』と来所時から楽しみにしてる子もいて、楽しく作ることが出来ました。

 はじめに、バウムクーヘンを手で割ります。カップに入る大きさにすることが難しく半分に割っただけの子もいましたが、スタッフが「カップに入る大きさにするよ」と声をかけると大きさを考えながら上手にに割ることが出来ました。次にボウルにフルーチェを入れ、冷えた牛乳を加えます。牛乳をボウルに入れるときは一人ずつ順番に少しずづ入れました。『ぼくもやりた~い!』と楽しみにしながら、お友だちが入れている姿をしっかりと見ることが出来ました。牛乳を入れ終わったら、次はスプーンで”とろり”とするまで混ぜます。早く食べたい気持ちが先走って混ぜ方が早くてこぼれそうになってしまう子もいましたが、『こぼれないようにゆっくりやさしく混ぜようね』というスタッフの声をきいて、慎重に混ぜることが出来ました。

 カップに、割ったバウムクーヘンを入れその上にフルーツをのせたら完成です✨自分で選んだフルーツをいっぱいのせる子、ひとつひとつ丁寧にきれいに見えるようにのせる子。それぞれ、みんなちがっていて個性あふれる美味しそうなパフェが出来上がりました。

 出来上がったらおやつにパフェを食べました。『うわぁ~おいしい😋』『フルーチェがぷるぷる~🥰』とみんなで美味しくいただきました。

 今回の”いちごパフェ作り”は様々な作業に積極的に取り組むことで自立につなげることができ、”混ぜる・すくう”ことで指先を使う力を養うこともできます。

 ご家庭でも、お子様と一緒にクッキングを体験してみてはいかがでしょうか。         稲山

🍩お店やさんごっこ🍣

2022/5/13

 

 いつもご覧いただきありがとうございます。

 先日、『お店やさんごっこ』をしました。以前にもやったことがあるので、お店やさんのセットを見ると、『やったぁ!お店の人をやりたーい!』『じゃあ、ぼくはお客さんやる!』と大喜びの子どもたち🤩まず、お店の準備をします。テーブルにお寿司が入ったパックやドーナツ、パン、アイスクリームを並べました。お店やさんは早速『いらしゃいませ~』と大きな声でお客さんを招きます。お客さんはお金を入れたカバンを持ち『えーっと…おすしください』『チョコドーナツがいいな』と自然にことばが出ていて、選び終わるとお店やさんは『〇〇円です』とまるで実際にお店で買い物をしているような姿が見られました。そして、お店やさんの役の子は『えーっと、おすしとドーナツを買ったらポイントカードがもらえて、ポイントがたまったらこのプーさんをあげます💓』と自分で考えてぬいぐるみを準備してお店やさんをやっている子もいました。普段、お家の方と買い物をしている姿が思い浮かぶようでした。

 ”お店やさんごっこ”は普段経験できない”お店やさん”の立場を経験したり、”お客さん”として商品を選ぶことを楽しんだり、と、ひとつの遊びの中で多くのごっこ遊びを体験できます。「いらしゃいませ」「〇〇円です」といったお店やさんならではのことばを使う、商品を説明する、ということは表現力にもつながります。

 今後も、様々な”ごっこあそび”を通して子どもたちの表現力を引き出していける機会を増やして」いきたいと思います。   稲山

🎀母の日プレゼント作り💐

2022/5/7

 

 いつもご覧いただきありがとうございます。

 5月7日(土)に『母の日プレゼントつくり』をしました。お母さんにプレゼントを作るということでスタッフから説明を聞くと『はやくつくりたい~』『なにをつくるの❓』と興味深々なこどもたち😊

 はじめに、丸い画用紙にクレヨンでお母さんの顔を描きます。『お母さんのほっぺはピンクにする』『口は大きく描く~』と自分のお母さんの顔を思い浮かべながら描いていましたよ😊次に顔を描いた画用紙の裏にのりをぬり紙皿に貼ります。真ん中の方しか上手く塗れない子も、「のりを持っている手と反対の手でおさえるとまわりも塗れるよ」とスタッフが一緒に画用紙を押えることでまわりの方までしっかりと塗ることができました。そして、ピンクと赤の花紙をクシャクシャに丸めて花を作り、紙皿に貼ってある両面テープの剥離紙をはがし貼っていきます。花紙をクシャクシャに丸めるのがとても楽しそうで、『この色はココ!』とピンクと赤の花の配置を考えて上手に交互に貼っていました。葉っぱの画用紙を花の間に貼りハート型のメッセージを張って、飾れるように紐を通して出来上がりです💐紐を穴に通す作業もみんなスムーズにできていましたよ。プレゼントを作る前は『むずかしい😥』と言っていた子もスタッフが助言することでコツをつかみ頑張って製作することができました。

 母の日のプレゼントを作ることで、お母さんの顔を思い浮かべながらクレヨンで顔を描く・のりを塗る・花紙を丸める・という作業から細かい指先の発達を促すことができます。そして、お母さんにお世話してもらっていることを知ったり、感謝する気持ちを感じたりすることができます。今後も手先を使った製作を取り入れていきたいと思います。            稲山

🎏遊べるこいのぼりを作ったよ🎏

2022/4/30

 

 いつもご覧いただきありがとうございます。

 4月30日(土)に「遊べるこいのぼり作り」をしました。「屋根より高いこいのぼり~🎵」とスタッフが歌うと子どもたちも一緒に口ずさんでくれました。みんなこいのぼりを知っているようで、『どうやって作るの❓』と材料を覗き込む子もいました👀。作り方の説明を聞いて一人一人好きな折り紙を2枚選びました。まず、折り紙を半分に三角に折りました。折り紙に慣れている子は角と角をぴったり合わせて折ることができましたが端を合わせるのがなかなか難しい子はスタッフと一緒に折りました。出来ているお友だちを見たり、上手く折れなくて焦ってしまう子もいましたが、「ゆっくりで大丈夫だからね」と声を掛けると、指先を使ってゆっくりと折ることで綺麗に折ることができました。同じ形を折ったら次はトイレットペーパーの芯に巻いて貼ります。芯にぴったりと巻いて貼るという作業が難しかったので、巻き終わったら貼る前に芯と折り紙をクリップでとめてから貼るようにすると上手く貼ることができました。だんだんこいのぼりらしくなってくると次はこいのぼりの目とうろこをシールやペンで作ります。立体的なこいのぼりに貼ったり描いたりすることもとても慎重に出来ていましたよ🎏

 作り終わると、こいのぼりを飛ばして遊びました。紙ひこうきと同じような力の入れ方で遠くまで飛ばすことができるのですが、紙ひこうきとは違って、こいのぼりは立体的なので、持つ時も力加減が必要で最初は上手く飛ばせなかった子もいました。スタッフが再度持ち方や力加減を一緒にやってみることですぐにコツをつかんで、『もう一回やる❗』と何度も飛ばして楽しい時間が過ごすことができました。

 身近な折り紙を使って普段とは違う立体的なこいのぼりを作ることで、細かい動きを通して手や指先の発達を促すことができます。また、折り紙でこいのぼりを作り遊ぶことで季節を感じ活動意欲を高めながらお友だちやスタッフと一緒に活動を楽しむことができます。

 今後も、身近な材料を使って製作・活動ができれば、と思います。                                                                    稲山

畜産センターで遊んだよ🌞

2022/4/23

 

 いつもご覧いただきありがとうございます。

 4月23日(土)に岐阜市畜産センター公園行きました。

 『こうえんにいくんでしょ❓』『そとでおべんとうたべる❓』ととても楽しみに来所してくれた子どもたち🥰。

 出発前にお約束を聞き、順番に車に乗りました。車の中では、『すべり台あるかなぁ』『ブランコは❓』と会話が弾み、外の景色を見て『きれいなおはながさいてる~』などと普段とは違う景色にも目を輝かせていました。

 公園に着くと最初はお弁当タイム。大きなレジャーシートを敷いてみんなでお弁当を食べました。広い公園で食べるお弁当🍱。いつもゆっくりペースで食事をする子も公園ではとても早く食べることができました。

 食べ終わると、『早く遊びた~い』と言っていた子どもたちですが、ナナホシではお弁当のあとはゆっくり絵本タイムになっているので、スタッフが絵本読み聞かせをしました。気持ちがいい外での絵本タイムは普段よりもさらに集中して聞けましたよ📕

 広い芝生・いろいろな形の滑り台がある大型遊具に大喜びの子どもたち。早速遊具で遊び何度も滑り台を往復した子もいましたよ。

 お約束の「順番を守る」をしっかりと出来た子。スタッフやお友だちに「順番だよ」と声を掛けられ約束を思い出した子がいましたが、みんな楽しく遊ぶことができました。

 畜産センターの公園は、普段行く公園とは異なる広場やアスレチックで遊べます。広い公園は子どもたちが全力で動き回れるため伸び伸びと遊ぶことができます。シャボン玉を持って行ったので広場でシャボン玉遊びをしました。みんなやったことがあるようでシャボン玉液を吸ってしまうことなく上手にそーっと吹くことができていましたよ。

 通常の支援とは異なる環境を子どもたちが体験することで、普段の生活では得られない経験ができます。また、季節による気温の違いを肌で感じたり、初めて見るで遊具で遊んだりすれば子どもたちは五感を健やかに発達させることができます。そして、外の世界に対する興味がわきやすく、知的好奇心が芽生えるきっかけが豊富にあります。様々な事柄に興味を持てるようにもなりますので、ぜひご家庭でも広い公園に足伸ばしてみてください。                                   稲山                         

 

🍩もりやでお買い物🥨

2022/04/18

 

 いつもご覧いただきありがとうございます。

 4月16日(土)にもりやへお買い物に行きました。

 お出かけ前に約束を聞きました。

  ①好きなお菓子を3つ買います

  ➁お店の中は走りません

  ③買いたいお菓子はカゴの中に入れます

  ④マスクをつけてお買い物をします

 「お約束を守れますか?」の問いかけに『はーい!』『守れる~!』と元気にお返事ができ、みんなとても待ち遠しい様子🥰。順番に車に乗りいよいよ出発です。車の中では『どんなおかしがあるかなぁ?』『ぼくは〇〇をかいたい!』などと話がはずみ、あっという間にお店に到着しました。

 1人ずつカゴを持って、お店の中をじっくり見てからカゴに入れる子。好きなお菓子を見つけると迷わずカゴに入れる子。夢中になって3個以上カゴに入ってしまった子。お買い物の仕方は様々で子どもたちそれぞれの特徴がよく出ていました。レジに並ぶ頃にはみんなしっかりと3個のお菓子を選びカゴに入れることができました。レジでは「順番ね」と言われる前に自然に順番を守ってお会計を待つことができました。お会計が終わると『ありがとうございました!』としっかり挨拶が出来る子、恥ずかしそうに『ありがとう』と言う子もいましたが、みんな約束を守って買い物をすることができました。

 ナナホシに帰ると、おやつの時間に自分で選んだお菓子を食べました。自分で選んだおやつを味わって食べていましたよ😋。

 『みてみて~このおかしおいしいよ🥰』とスタッフに見せてくれる姿も見られました。

 今回初めてのお買い物体験だった子も、自分で約束を守って買い物をすることを通して、お店でのマナーや、お店の人に「ありがとうございました」と伝えられたことの嬉しさなどを感じられたようです。       稲山

🌸さくらスタンプ🌸

2022/4/9

 

 いつもご覧いただきありがとうございます。

 4月9日(土)に、イベントで「さくらスタンプアート」を行いました。

 「さくらスタンプってどんなの?」と不思議そうに聞いてくる子「はやくやってみたい!」と興味津々の子がいました。はじめに、桜の絵を見せ「この木みたことある?」と聞くと、「桜の木だ~」と元気に答えてくれた子どもたち。

 ナナホシからいつも行く公園にも桜の木があり、遊びに行ったときに落ちている桜の花を拾い集める子もいたので、みんな桜の花を知っていました。

 紙コップに入れたスポンジに赤と白の絵の具を混ぜ桜色を作り、乳酸菌飲料のカップと発砲トレイで作ったスタンプに絵の具をつけ、画用紙にかいてある桜の木の枝にスタンプを押していきます。はじめは形が上手く押せなくて「できない・・・」と言っていた子も「グリグリ回して押すんじゃなくて上からポンって押してみて」と声掛けをしてスタッフが一緒に押してみると、コツをつかんで「たのしい~😊」と枝にたくさんの桜を咲かせることができました。地面に落ちている桜を押している子もいました🌸。

 スタンプ遊びは、指先の力加減を自分で考えながら行うことができます。また、『一人でできた✨』という達成感を感じやすいのも、すぐに作品の出来栄えを実感できる「スタンプ遊び」ならでは。ですね。子どもたちと季節を感じながらさくらスタンプを楽しむことができました。 

                                                          稲山

クッキング🍓ゼリー作り

2022/4/2

 いつもご覧いただきありがとうございます。

4月2日(土)にイベントでクッキングを行いました。今回はカラフルゼリーを作りました。来所して来た子どもたちは「ゼリー、はやくつくりたーい💖」とても心待ちにしていました。

 はじめに手順をスタッフから聞いてから作りました。カップにフルーツを入れ、次は粉とお湯を混ぜます。こぼれないようにそ~っと混ぜる姿が見られました。お友だちが混ぜている姿を見て「ぼくもやりたい!」と早くやりたい気持ちが言葉に出る子もいましたが、しっかりと順番を守ることができました。

 粉がしっかりと混ざったら、次はゼリー液をカップに注ぎます。お玉を持ってゼリー液をすくって入れますが、「たくさん入れるとこぼれるから少しずつ入れようね」というスタッフの声を聞き、スタッフと一緒に慎重に注ぐことができました。カップに入れた後は冷蔵庫で冷やします。子ども達は自分で注いだカップを冷蔵庫までこぼさずに上手に運ぶことができました。

 ゼリーが出来上がったらみんなで食べました🥄。自分で作ったゼリーをカップの外側から見て「きれ~い✨早く食べたい」と大喜び😊じっくり味わいながら食べることができましたよ。

 今回のように、様々な作業に積極的に取り組むことは、生活自立にも繋がるソーシャルトレーニングになったり、ゼリーを運ぶ行動は「手に物を持つこと・歩いて運ぶこと」で協調動作が育ちます。ぜひお家でもお子様と一緒におやつ作りを楽しんでみてくださいね🥣                             稲山

 

 

クッキング、楽しいね😊

 

2022/3/28

 

 いつもご覧いただきありがとうございます。

 3月26日(土)に、イベントでクッキングを行いました。まん延防止が解除されたので久しぶりのクッキングとなり、子どもたちは大喜びでした😊今回は、前回作ったホットケーキ作りをしました💕「ケーキ、作る!」と張り切っていた子どもたち🎵とってもやる気満々でした。

 手順もちゃんと覚えていて、順番に行うこともスムーズにできました。卵を割ることにも挑戦してみたり、かき混ぜるときもこぼれないように慎重にかき混ぜたりと、とっても上手に行う子どもたちでした。焼くときはやけどをしないように繰り返し約束をしながら行いました。お玉ですくってホットプレートに流し込むときに、つい夢中になってプレートに近づいてしまうこともありましたが、「もっと上からだよ。やけどしちゃうからね。」などと声を掛けると、気付いて上の方から生地を流し込むことが出来ました。

 出来上がったホットケーキにトッピングの飾り付けもしました。子どもたちの大好きなバナナやホイップクリームに、チョコペンで飾り付けしたら完成🎵ぎゅっと絞り出すときに出し過ぎないようにしながらクルクルとソフトクリームのように作る子や、ホイップクリームで顔を描く子もいて、手先を器用に使いながら行うことが出来ました。

 自分で作ったホットケーキは美味しくって、あっという間に平らげてしまいましたよ😊     藤田

🌸可愛いお花ができたよ🌸

 

2022/3/25

 

 いつもご覧いただきありがとうございます。

 前回行ったガラス絵の具で冬の飾りを作ったので、今回は春の飾りが出来ないかなあと、子どもたちと一緒に可愛いお花の飾りを作ってみました。ガラス絵の具は前回使っていますが、絞り出すときに力がいるので、今回も頑張ってみました!やり方をちゃんと覚えていたので、早速ギュ~っと力を込めて絞り出していた子どもたち!力も強くなってきて、ゆっくり絵の具を出しながら線の中に絞り出すことが出来ました。スタッフも手伝いながら一緒に行うことで、はみ出ないように慎重に作業する姿が見られました。

 乾くまでに時間が掛かるので、子どもたちには「触らない」約束をしました。忘れて触りそうになっていた子もいましたが、「まだだよ。」と聞いて、手をピタッと止めて我慢することが出来ました😊

 「乾いたよ!」の声に「やった!」と嬉しそうにニコニコとやってきた子どもたち!そっと剥がして窓に貼ってみました。花の形になるよう花びらを並べて完成!「できた!」と大喜びでした😊

 子どもたちと一緒に季節を感じながら、お部屋の飾り付けを楽しむ事ができました。     藤田

宝探しとパズルをみんなでやったよ

 

2022/3/19

 

 いつもご覧いただきありがとうございます。

 3月19日(土)に、イベントで小集団遊びを行いました。お友だちと一緒に一つの事が出来るよう、みんなが大好きな宝探しとパズルを用意しました。「宝探しするよ!」の呼びかけに「やる!」と、やる気満々の子どもたち😊はじめにスタッフの話を聞いて取り組みました。椅子に座って話を真剣に聞け、大きく成長したなあと嬉しい姿を見せてくれました。いよいよスタート!「よーい」と聞いて、思わずフライングしてしまった子ども達💦でも、気を取り直して2回目の合図でスタートすることができました!周りに合わせてやってみようとする姿に、またまた成長を感じる場面となりました。宝探しではそれぞれが見つけながら、全部の宝を探します。「あったよ!」の声を聞いて気になって見に行く子や、目の前にぶら下がっている宝を頑張ってジャンプする子など、それぞれで頑張って見つけようとしていました。全部集まったらもう一度椅子に座って一緒に中身を見てみました。子どもたちは「なにが入ってるの?」とワクワクしながら椅子に座って待っていました。「じゃーん!」と出てきたパズルを見て興味津々。たくさんの種類の中から1つの絵柄を選んで早速組み立てました。みんな真剣な表情で組み合わせ、出来上がると「出来た!」と大喜び。どの子も達成感に包まれて、ニコニコでした😊

 一緒に活動することで、相手に合わせることや、話を聞いて取り組む事など、色んなことが出来るようになった場面をたくさん見つけることができました。今年度、一緒に活動できるのは残りわずかとなりましたが、楽しく過ごしていきたいなあと思います。   藤田

手を動かすことが上手になりました😊

 

2022/3/14

 

 いつもご覧いただき、ありがとうございます。

 最近の子どもたちは、作ったり描いたりすることが大好きになってきて、手先を動かすことが増えてきました。

 積み木を使ってイメージしながら作ることが楽しくて、いろんなものを作っています。出来上がると「先生、見て!」と嬉しそうに見せてくれます。お家を作ったり、箸を作って渡してみたり、「うさぎ」などの動物を作ったりと、創造性が豊かな作品ばかりで驚かされています。紙皿に絵を描いたAくんは、最近顔を描くことに夢中で、可愛らしい顔を描いています。小さい子のためにハンカチを繋げた物をボトルに詰めているのですが、出してしまうと中に入れるのが大変なので、大きい子にお願いして詰めてもらっています。積み木やお絵かきなど、どの工程でも指先を使って行う作業ですので、どの子も真剣に取り組んでいます。そして、出来上がった時の達成感もあって、「できたよ!」とどの子も嬉しそうに教えてくれています。これからも好きな遊びを通した活動をしながら、成長を促していけるように支援していきたいと思います。       藤田

公園楽しいよ💛

 

2022/3/9

 

 いつもご覧いただきありがとうございます。

 今週から徐々に暖かくなってきて、春の訪れを感じるようになりました。子ども達も感じているようで、「今日は、あったかいから、公園行きたい!」と話していたので、早速公園へ行ってたくさん遊ぶことにしました!広々とした公園は開放感があって、とっても伸び伸びと遊べます。公園に入ると、毎回「わーい!」と嬉しそうな声を出して走りだす子ども達です😊

 はじめは大好きな遊具や砂場へ行って遊びます。スコップで掘りながら高いお山を作ったり、川を作って水を流したりと、思い思いの遊びを展開しています。一通り遊んだら、次は追いかけっこ!最近競争して思いっきり走って楽しむ様子も見られます。「負けた!悔しい!」と言いながらも「もう1回!」と何回も走って頑張る子や、走るのが楽しくてお友だちの後ろを追いかけて楽しんでいる子と様々です。「だるまさんがころんだ」の遊びをする時もあり、ルールが複雑なのですが、スタッフと一緒にやりながら、徐々に逃げる役、鬼役をして楽しんでいます。

 お友だちと一緒に楽しみながら体を思いっきり動かして遊ぶことが増えてきて、成長も感じられるようになりました。4月からは小学生になる子もいて、児発で一緒に過ごす時間が残りわずかとなってきました。残りの時間を楽しみながら一緒に公園へ行ったり、活動をしたりしていきたいと思います。      藤田

紙皿フリスビー面白い😊

 

2022/3/5

 

 いつもご覧いただきありがとうございます。

 3月5日(土)にイベントで紙皿フリスビー作りをしました。毎回製作に対して「難しい」と感じて参加することが難しいAくん。今回は前回の紙コップロケットの時のように完成している物を使って遊んでみてから作るようにしてみました。すると、「僕、遠くまで飛ばせるよ!」と自信をもって取り組め、興味をもつことができました。そのタイミングで「じゃあ、自分のフリスビーを作るよ。」と声をかけると、「作る!」と元気に返事をしたAくん♪やってみたい気持ちがもて、積極的に取り組むことができました。一人ひとりの気持ちを考えながら誘うことで、頑張ってみようとする姿が出てきたので、とても嬉しい場面となりました😊

 色を塗ったり、ホチキスで止めたりなど、作業は簡単な物でしたが、根気よく色々な色を使って塗ったり、スタッフからホチキスの使い方を聞いて慎重に組み立てたりと、どの子も集中して作業を行っていました。本当に楽しみながら作っているんだなあと感じました。出来上がると、早速飛ばし始めた子ども達!Aくんも「出来た!飛ばしてくる!」と嬉しそうに飛ばしに行きました!「ほら、見て!あんなに遠くに飛んだよ!」と大喜びして何回も飛ばしていました。ボーリングのピンを使って的当てもしてみると、やる気満々で的に狙って飛ばしていました。フリスビーの飛ばし方も聞きながら、慣れない手つきながらも、頑張って飛ばしていました。

 色々な使い方、飛ばし方を違憲することができたイベントとなりました。       藤田

紙コップロケット作ったよ🚀

 

2022/3/2

 

 いつもご覧いただきありがとうございます。

 先週の2月26日(土)に、イベントで紙コップを使ったロケットづくりを行いました。スタッフが見本のロケットを飛ばして見せると、大喜びで「作りた~い!」と興味津々でした。作る前に順番に飛ばしてみました。力を入れすぎるとうまく飛ばないので、「優しくそっと押し込む」ことを知らせていきました。また、手を離すときはパッと素早く離さないといけないので、タイミングが難しいようでした。でも、何回も行ううちに感覚がつかめてきて、どの子も上手に飛ばすことが出来ました!できた喜びから、ますます早く作りたくなった子ども達😊早速好きな色の紙コップをもらって、ロケット作りスタート!

 はじめにペンで紙コップにロケットの模様を描きました。スタッフが縦線や水玉模様などを見せていくと、真剣に見ながら描いていました。模様が描けたら、次はロケットに窓からのぞいている子どもの顔を貼ります。印刷したものを丸くハサミで切ります。どの子も慎重に切り始めていました。ハサミで切りながら、持っている紙を少しずつ動かすのが大変そうでしたが、スタッフが一緒に切ったり、見守りながら時々手伝ったりすることで、線を意識しながら丁寧に切ることが出来ました。最後に切った顔とロケットの羽を糊でつけ、土台の輪ゴムつけもスタッフと一緒に挑戦して、ようやく完成!出来上がった自分だけのロケットを早速飛ばした子供たち。ぴよ~んと高く跳ぶと、「おー!」と嬉しそうに声をあげて喜んでいました。     藤田

たくさん雪が降りました⛄

 

2022/2/28

 

 いつもご覧いただきありがとうございます。

 先週まで、寒さが厳しかったのですが、今週からは徐々に春の陽気になり始めてきましたね。

 今シーズンはたくさん雪が降って、子ども達は大喜びで外へ出て遊びました!雪の感触を確かめるようにそっと触ってみたり、足でギュッと踏んでみたり…。雪の中をザクザクと入っていって、ふわふわな雪を楽しむ子もいました。

 スタッフが雪玉を作って「えい!」と投げるのをきっかけに、雪合戦が始まりました!負けじと雪玉を作ってスタッフに向かって投げる子ども達!その後には雪玉を大きくして雪だるまも作りました。大きな雪だるまを見て「やった!」と喜んでいました。

 冷たさもへっちゃらで、長い時間雪を触って楽しむことが出来ました。

 そろそろ雪もおしまいかと思いますが、季節を肌で感じるいい機会となり、これからも五感で感じる機会をどんどん取り入れて、成長に繋がっていけるよう支援していきたいと思います。         藤田

ふわふわスライム作ってみたよ💕

 

2021/2/21

 

 いつもご覧いただきありがとうございます。

 感触遊びが大好きな子どもたち。いつものスライムだけでなく、先日、ちょっと進化したスライムを先日作ってみようと挑戦してみました!いつものスライムに泡のハンドソープを混ぜて作った「ふわふわスライム」です!初めて作ってみたので、試しながらやってみることに。いつもの材料の中に泡のハンドソープを入れて混ぜていきます。ふわふわがいっぱいで大喜びの子どもたち!「わ~ふわふわだ~。」と嬉しそうにかき混ぜていました。混ざったら、いよいよホウ砂水を入れていきます。少しずつ慎重に入れていったのですが、なかなか固まらないので、どんどん入れていき、ようやくまとまってきたので取り出してみたら…ぼよ~んと弾力のあるスライムが…💦ふわふわのはずが、思ったよりも硬めのスライムとなってしまいました💦それでも子ども達は大喜びでできたスライムで遊んでいたのですが、これでは納得ができない!ということで、再度チャレンジすることにしました!今度はホウ砂水を1回目よりも半分ほどに抑え、根気よく長い時間混ぜてこねていきました。時間はかかりましたが、徐々にまとまり、くっつかなくなるほどに!手でこねてようやく完成!ふわふわの良く伸びるスライムができ上りました😊

 今回の体験で、子どもたちも根気よく作ったり、思ったようにできなくてもやり直せばいいことを体験できたようです。これからも、いろんなことにチャレンジしながら、様々な経験をして楽しんでいけるように支援していきたいと思います。      藤田

感触遊び大好き!

 

2022/2/16

 

 いつもご覧いただきありがとうございます。

 ナナホシの子どもたちは、感触遊びがみんな大好きです!先日、新聞紙を用意したら、「やりたーい!」と、大喜びして遊び始めました。スタッフが小さく破り始めると、一緒にビリビリ…ビリビリ…。どんどんと小さくしていきました。以前なら、手のひらほどの大きさで破り終えていたのですが、指先を上手に使って爪ほどの大きさにまで小さく破っていました。指先を使う動きが上手になってきているなあと成長を感じた場面ででした。

 スライム遊びも大好きな子どもたち。手のひら一杯でこねたり、伸ばしたり、稜ででひっぱっりと、様々な遊び方で感触を楽しんでいます。定規で切ってみたり、型抜きで型を抜いたりと、色々な遊び方ができるようにもしていきました。一人の子が、型で抜いたスライムを並べていたので、「何作ってるのかなあ」とよく見たら、可愛らしいお顔が出来ていました♪子どもたちの想像力にびっくり!一つの素材で様々な遊びができるのですが、大人が気付かない子どもたちの発想力がとても素敵だなあと感じました。

 子どもたちの力が発揮できるような環境づくりもしながら、楽しく支援していきたいと思いました。     藤田

ぽっくり作ったよ👣

 

2022/2/12

 

 いつもご覧いただきありがとうございます。

 2月12日(土)はイベントで牛乳パックのぽっくりを作ったり、作ったぽっくりで遊んだりしました。「イベント、始まるよ!」の声を聞いて、興味津々な子どもたち。席に着いて上手に話を聞くことができました。スタッフが見本を見せながら作り方を説明すると、「作りたい!」と張り切って作り始めました。

 事前に切っておいた牛乳パックに、段ボールを丸めて中に入れるところから始めました。小さくまるめないと牛乳パックに入らないので、「できん!」と何度も丸め直していました。丸めても入れる時に手の力が上手く入らずに広がってしまうことも…(´;ω;`)それでも、「せんせい、できん!」と助けを求めながら、根気よくやってみようとする姿も見られました。

 穴をあけてリボンを通すときは、真剣な表情で穴をよく見て慎重に通す子どもたち。見事穴に通ると、「やったー!」と大喜び!達成感を味わい、どの子も素敵な笑顔を見せてくれました。難しいことも根気よく取り組む姿勢に成長を感じた場面でした。

 出来上がったぽっくりで早速遊びました。どの子も上手に乗り、1歩ずつ落ちないよう慎重に歩いていました。出来上がったもので遊ぶ喜びや、最後までやってみようとする気持ちを味わえたようでした。また、力を加減してリボンを通したり、ぽっくりに乗って動いたりすることも経験することができました。

 これからも、子どもたちの育ちを促しながら楽しく活動できるよう支援していきたいと思います。     藤田

竹とんぼ面白いね!

 

2022/2/10

 

 いつもご覧いただきありがとうございます。

 スタッフが室内で遊べるように様々な手作りおもちゃを用意しています。先日、牛乳パックで作った竹とんぼを見せると、「それ、欲しい!」と興味津々の子どもたち。「じゃあ、作ってみようか。」と一緒に作りました。

 作り方はいたって簡単で、牛乳パックをとんぼの羽の形を縦に2枚くっつけたような状態で切り、それを半分に折って、折った輪の方側に先に切り込みを入れたストローに挟み込んでホチキスで止め、その上からセロテープを貼って固定したら折って広げたら出来上がり!折広げる時のコツは、少し斜めにして折ると良く飛びます。子どもたちには、羽の部分に油性ペンで色を塗ってカラフルな竹とんぼにしてもらいました。

 出来上がった竹とんぼで早速飛ばしてみました。両手で挟んでクルクルと回すのですが、はじめはコツをつかむのが大変でした。でも、スタッフが一緒に手を添えて感覚を伝えることで、回し方が分かり、徐々に上手に飛べせるようになりました。

 「飛んだ!」と大喜びの子どもたち!何度も飛ばして楽しむことができました。       藤田

アイロンビーズで作ってみたよ😊

 

2022/2/7

 

 いつもご覧いただきありがとうございます。

 2月5日(土)にイベントでアイロンビーズ作りを行いました。カラフルなビーズを見て、「わ~!作りた~い!」と興味津々な子どもたち😊作り方を見ながら早速作業開始!様々な形の型があったので、それぞれで好きなものを選んでから作りました。突起の部分にアイロンビーズを1つずつ乗せていくのですが、そっと乗せないと隣に置いたビーズが動いてはずれてしまうので、慎重に作業を行いました。1つずつ丁寧に乗せることが出来ていたのですが、集中が途切れてくると手先の動きが徐々に加減できなくなって、ビーズが動いてしまうこともありました。壊れてしまうことで気持ちが折れてしまう子もいたので、スタッフが一緒に手伝いながら励ましていきました。励まされることで気持ちを立て直して、最後まで作り上げることが出来ました!「できたよ!」と、大喜びの子どもたち♪次はいよいよアイロンで接着をします。やけどをするといけないので、少し離れた所から出来上がる様子を見ることにしました。子どもたちには一緒に「10」まで数えてアイロンでくっつく様子を見てもらいました。「いーち、にー、さーん………、じゅう!さあ、くっついたかな…。」とそっとアイロンを動かすと…「くっついた!」とまたまた大喜び!くっついたばかりのアイロンビーズは熱々なので、冷めるまでじっと待ちます。時々スタッフと一緒に指でつついて冷めたかどうかを確かめてみて、ようやく出来上がりました。

 長い時間集中して取り組むことが出来た子どもたちに、また成長を感じました。これからも、様々な活動を通した支援を行っていきたいと思います。     藤田

💕愛着障害と発達障害の理解とその支援💕

 

2022.1.26

 

いつもご覧いただきありがとうございます。

本日は「愛着障害」について研修で学んだことをお伝えします。

少し長くなりますが、お付き合いください。

 

愛着障害という言葉をご存知でしたか?

年々増加しているそうです

 

では、そもそも

愛着(アタッチメント)とは

【特定の人と結ぶ

   情緒的な

     こころの絆】

とされています

 

ここで愛着障害に対しての間違ったイメージをお話ししていきます

 

    特別な施設に通う子や虐待を受けた子だけに現れる特有の障害

というわけではありません

愛着障害は誰にでも起こりうることなのです

 

要因の一つに

刺激過多(愛着形成を妨げる刺激の多さが親刺激を相対低下させる)があります

・愛着を求めて泣いている子どもに対して、親が関わることなく、ビデオなどに任せてしまったり、親と関わるよりも強い刺激が周りにたくさんあるような状況

 

    産んだ、育てた親のせい

というわけではありません

関係性の障害であり、いくら親と子といえど[相性]が関わってきます

親と子の双方に要因があります

兄弟姉妹を同じように育てていても、なんとなく合う合わないがありますよね

どちらが悪いというわけではありません

 

③取り戻せない、手遅れ

 というわけではありません

“いつでも”取り戻せます

 

④親にしか形成・修復は無理

 というわけではありません

 “誰にでも”形成・修復可能です

 

「いつでも」(どの発達段階でも)

「だれにでも」(親でなくても、心理専門家でなくても)

心理的支援で取り戻せる!

 

絆の正体とは?

愛着形成の3つの基地機能

 

①安全基地機能

 恐怖や不安などネガティブ感情から守る

 

②安心基地機能

 落ち着く・ホッとする・安らぐ・楽しくなる

(繋がり感 → ポジティブな感情が生じる感情基地)

 

③探索基地機能

→安全・安心基地から離れる(分離)

 ・離れていても安全、安心を感じられる

→安全・安心基地に帰ってくる(帰還)

→一番聞いて欲しい人に[報告]したい

 一人で経験したことを一緒に経験したかのように思いたい

⇒報告を受けて感情を共有することで

 ポジティブ感情を増幅させ、ネガティブ感情を減少させる

 

★愛着形成は何に影響するのか

・学習意欲や能力(学力等)向上

 認められ感が大切

・基地欠如観

 規範行動逸脱、集団生活や人間関係のトラブル、攻撃性

 

この研修を通して

私たちも子どもたちの基地になれるよう努めていきたいとあらためて思いました

 

 

小縣

お友だちと一緒って、楽しいね🥰

 

2022/1/25

 

 いつもご覧いただきありがとうございます。

 今年度も残り2か月ほどとなりました。一緒に過ごしているお友だちともすっかり仲良くなり、最近では「一緒に遊ぼう!」「何やってるの?」と、お友だちとの関わりを楽しむ姿が見られるようになってきました。お友だちがしていることに興味をもつと、同じように真似をしてやってみたり、一緒にくっ付いてみたりして、お友だちへの興味も広がっています。年齢が小さい子たちはまだ一人遊びが多いのですが、年上のお友だちの様子を観察するなど、興味が出てきているようです。

 年度初めはスタッフとの関わりが多く見られたのですが、徐々に周りの方へ視野が広がり、大人以外の人への興味も広がってきたようです。どの子も年齢と共に大人との関係から同年代の子との関係が広がっていく時期が来ます。これからも一人一人の発達に合わせて、お友だちとの関わりが深まっていくよう支援していきたいと思います。       藤田

大型かるた作ったよ😊

 

2022/1/22

 

 いつもご覧いただきありがとうございます。

 1月22日(土)にイベントで大型かるたづくりを行いました。かるたはちょっと難しいと思っている子がいたり、カルタをしたことがない子もいたりしてあまり想像ができないようでしたが、大好きなぬり絵をしたり、のりやガムテープを使ったりすることで楽しんで活動することが出来ました。

 塗り絵をする時は、大きい子は形をよく見て色分けをしたり、線からはみ出ないように塗ったりすることが出来ました。小さい子達も「桃は、ピンク」「リンゴは、赤」など、物の色を考えて塗ることが出来ました。「はみ出しちゃ、ダメ?」と気にしている子もいましたが、「少しぐらいはみ出てもいいよ。」と知らせることで、安心して取り組むことが出来ました。

 塗り絵が終わってから台紙にのりで貼り、周りを赤いガムテープで縁取りをして完成!最後まで頑張って作り上げることが出来ました。できたかるたでかるた遊びも行ない、スタートラインから「よーい、ドン!」の合図で、スタッフが指示したかるたを取りに行きました。大急ぎで取り、スタートの場所まで戻ってくると「取れた!」と大喜びして何度も遊ぶことが出来ました。

 簡単なルールでの遊びを通して、これからも自信をもって取り組める経験が出来るよう、支援していきたいと思います。   藤田

ピタゴラスイッチ♪

 

2022/1/19

 

 いつもご覧いただきありがとうございます。

 寒い日が続いたり、新型コロナウイルスの再流行もあったりして、なかなか外に出て遊ぶ機会が減っていますが、子どもたちが室内でも楽しく遊べるようにさまざまなおもちゃを用意しています。Aくんは「ピタゴラスイッチ」が大好きなので、この日も「ピタ、ゴラ、スイッチ♪」と歌いながら、積み木などを使ってドミノをし始めました。始めは床に並べるだけでしたが、高低差も付けられるよう階段状に箱型のおもちゃを置き、その上にドミノを作り始めました。でも、高さがあると途中で止まってしまうことにも気づいたAくんは、ドミノの積み木も高くして、次の積み木に当たるように工夫をしていました。「何をすればいいか」を常に考えながら作る姿に成長を感じた場面でした。

 先を見据えながら予測して行動することはとても大切な力です。つい大人が先回りをして教えてしまうこともありますが、それでは子ども自身の力にはなりにくいです。そこをぐっとこらえて、「この子は、どうしようとするのかな」と様子を見届けることも必要となってきます。「失敗は成功のもと」とも言われます。これからも遊びを通して「○○すると、…になる」といった、先を予測しながら行動ができる力を身に付けられるよう、自分で考える機会を作りながら支援していきたいと思います。   藤田

たこ、たこ、あがれ!

 

2021/1/17

 

 いつもご覧いただきありがとうございます。

 1月15日(土)にイベントで凧作りを行いました。「たこ、つくる!」と張り切っていた子どもたち。まずは手順を聞きながら始めました。しっかり話を聞いて、真剣な表情の子どもたちからは、やる気がみなぎっているようでしたよ。

 始めに自分の好きな絵を決め、ビニール凧に写し絵をしました。テープで固定して動かないようにすると、しっかりと描くことが出来ました。ペンをしっかりと持ち、絵の線をよく見ながらなぞっていくのですが、どの子も最後まで頑張って描くことが出来ました。色も付けたら、次は組み立てます。スタッフの話をよく聞いて一つ一つの作業を丁寧に行うことが出来ました。

 出来上がった凧を外で飛ばしたかったのですが、あいにく公園は水たまりでいっぱい…。2階の方デイの部屋をお借りして飛ばさせてもらいました。思いっきり走っていくと、凧が天井まで届くほどに高く飛び、大喜びの子どもたち😊何度も走って楽しむことが出来ました。今度は外で飛ばせるように、お家に持って帰りました。

 これからも寒い日が続きますが、思い切り体を動かせるような遊びを考えながら、楽しく活動ができるよう支援していきたいと思います。     藤田

目でよく見てやってみよう!

 

2022/1/14

 

 いつもご覧いただきありがとうございます。

 子ども達の間でラケットを使った「風船バレー」の遊びが流行っています。お友だちやスタッフに「風船、やろう!」と誘い合いながら楽しく遊んでいます。風船はフワフワとゆっくり動くので目で追いやすく、大きいので子どもにとってはとても扱いやすい道具です。

「いくよ!」の合図でスタート!「えい!」と言いながらタイミングを合わせて上手に打ち合っています。勢い良く打つと遠くに飛んで行ってしまいますが、動きがゆっくりなので頑張って追いかけて打ち返せるようになってきました。ラリーが続くと楽しくなってきて、「次は何回出来るか、先生数えて!」と次のチャレンジへ。回数をホワイトボードに書いていくと、モチベーションが上がって「次は50まで頑張る!」と、根気よく取り組む子もいました。二人で一緒にやってみたり、一人で何回落とさずにつけるかをチャレンジしたりして、いろんな方法で楽しむことも出来ました。

 目で動きを追うことで、視機能の訓練にもなり、風船遊びはとてもおすすめです。お家でも手軽にできる遊びなので、親子で、兄弟などで遊んでみてはいかかでしょうか。     藤田

白玉ぜんざい作りをしました

 

2022/1/12

 

 いつもご覧いただきありがとうございます。

 1月8日(土)にイベントで白玉ぜんざい作りをしました。「お団子作って、ぜんざいを作るよ。」と知らせると、「お団子!つくりた~い!」とやる気満々な子ども達でした!

 まず始めに、白玉粉に水を入れたら、こねていきます。子ども達で順番に交代しながらこねていきました。「早くやりたい!」と待ちきれない子もいましたが、「ちゃんと順番に来るから、待っててね。」と聞いて、上手に座って待つことが出来ました。長い時間でも待つことが出来るようになってきていて、成長を感じました。

 こねたら、次は丸めていきます。手袋をした状態でしたが、頑張って丸めていた子ども達でした。手の動かし方で上手く丸まらないこともありましたが、スタッフが手を添えながら手の動かし方を知らせていくことで、徐々に丸められるようになりました。中央をへこませたら、いよいよお湯でゆでます。お湯は熱くなっているため、1人ずつ順番に行いました。ゆでる時にそっとお団子をお湯の中に入れるのですが、「熱いから、上の方から入れるよ。」と聞いて、ゆっくりと入れることが出来ました。

 出来上がったお団子にあんこのお汁を入れたら完成!みんな美味しそうに食べていました。ちょっと苦手な子も、自分の作ったお団子は食べたくて、頑張って食べようとしていました。自分で頑張って作ったものは、かけがえのないごちそうだったようです😊💕

 これからも、いろんな経験をしながら、楽しく活動できるよう、支援していきたいと思います。     藤田

🎍新しい年が始まりました🐯

 

2022/1/6

 

 新年あけましておめでとうございます。本年も、ブログを通してナナホシの子どもたちが楽しく活動をしている様子を発信していきたいと思います。どうぞ宜しくお願い致します。

 1月4日からスタートしたナナホシ。子ども達は、長いお休み明けでしたが元気いっぱいでした!

 子ども達が自分で何をしたいかを探せるように、おもちゃを写真で表示しています。「先生、これ、使いたい!」と知らせる子もいれば、発信することが難しい子は指さしをして知らせてくれます。また、自分の気持ちを表現するための絵カードも一緒に表示して、思いを伝えやすいようにしています。気持ちを言葉で表すことは、自然にできるのでは?と思われがちですが、親や周りの人から聞いた言葉を吸収して、ようやく言葉を発し、言葉の意味を理解出来ると徐々に使いこなせるようになるのです。よく絵本の読み聞かせなどが大事だと言われますが、言葉を覚えるツールとして読み聞かせが有効となります。ですので、ナナホシでは、自分から発信できる力を育んでいけるように、子ども達にたくさん話しかけたり、自分の思いを指さしなどの仕草やジェスチャーから言葉へ変わっていくように、「これは、○○だね。」「△△したかったんだよね。」などと、子どもが伝えようとすることをもう一度言葉に置き換えて知らせたりしています。これからも、子ども達が自分の気持ちを聞いてもらえて「嬉しい!「楽しい!」と感じて、たくさん言葉を使うことを楽しめるよう、支援していきたいと思います。      藤田

待ちに待ったクリスマス💕

2021/12/27

 

 いつもご覧いただきありがとうございます。

 12月25日(土)は、子どもたちが楽しみにしていたクリスマス会を行いました😊🎄「始まるよ!」の声で、「やったー!」と大喜びをする子どもたち。まず始めにクリスマスの絵本を見て気持ちを盛り上げていきました。ワクワクしながらじっと真剣の表情で見ていましたよ。

 いよいよスタートしたものは、「オーナメント探し」です。折り紙で作ったサンタのブーツや星などのオーナメントを部屋のあちこちにあらかじめ隠しておき、隠れたオーナメントを探す遊びです。「あった!」と嬉しそうに見つけたものをよく見ると…なんとその中におやつが隠れていました!みんな嬉しそうに中のおやつを確認していました。(3時のおやつで美味しくいただきました💕)

 次に「プレゼント釣り」をしました。丸の中に入って狙いながらそっと釣り竿でプレゼントを狙います。よく見て頑張って釣ると、「とれた!」と大喜び。最後の遊びは小さなそりに人形を乗せて「プレゼント運びリレー」!ゴールまでの間、中の人形を落とさないように力を加減しながら前と後ろを確認して走ることができました。

 色々なことに挑戦しながら、楽しいクリスマス会となりました。       藤田

子どもは風の子!

 

2021/12/23

 

 いつもご覧いただきありがとうございます。

 昔から「子どもは風の子」とよく言われますが、今、本格的な寒さがやってきたのですが、「公園、行きたい!」と、外で遊びたくてうずうずしていて、寒さ知らずの「風の子」のような元気いっぱいの子どもたちです!

 先日も近くの公園へ出かけ、たくさん遊びました。「先生、鬼ごっこ、やろう!」と言い、「ようい、ドン!」の合図で一斉に走り出します。あちこち、くねくねと走る子や、とりあえず公園の外周をひたすら同じ方向でグルグルと逃げ回る子など、その子によって逃げ方は様々ですが、ちゃんとスタッフを見て逃げたり追いかけたりが出来るようになってきました。

 たくさん走った後は、お砂場でゆったりと砂遊びをしたり、虫が大好きな子は虫を探したりして、公園を満喫していました。

 これからまだまだ寒い日が続きますが、お天気の良い日には大好きな公園に出かけて思いっきり体を動かして楽しめるよう支援していきたいと思います。      藤田

🎄クリスマスリース作り🎄

 

2021/12/21

 

 いつもご覧いただきありがとうございます。

 先日の12月18日(土)にイベントでクリスマスリース作りを行いました。子どもたちは「クリスマス」と聞いて「やったー!」と嬉しそうにしていました。「お家に飾ると、サンタさんが見てくれるからね。」と知らせると、さらにやる気が出た、かわいい子どもたちでした😊

 まずはクリスマスリースを折り紙で作りました。同じものを8枚作り、それをのりでつなぎ合わせます。角を合わせて折ったり、糊を付ける場所を確認しながら貼ったりすることが難しかったのですが、スタッフと一緒に聞きながら頑張って取り組んでいました。丸い形のリースになると、「やったー!」と大喜びの子どもたち💕

 次にシールやスパンコールなどでデコレーションをしていきました。シールが大好きな子どもたち。真剣な表情でたくさん貼っていました。指先も使って、よく見てはがしたり、貼る場所も考えて均等に貼ったりする姿もありました。

 次回はクリスマス会があるので、楽しみにしている子どもたち。「サンタさんが来るといいね。」と話しながら、楽しみながら当日を迎えたいと思います。          藤田

🖼ガラス絵の具でアート🎨

2021/12/13

 

 いつもご覧いただきありがとうございます。

 12月11日(土)にイベントで、ガラス絵の具を使った製作を行ないました。ガラス絵の具とは、例えるなら色のついたボンドのようなもので、透明なガラスやプラスチックの板などに絵を描いたり、色付けをしたりして使います。今回はプラスチックの板(プラ板)を使って壁飾りに出来るようにしました。乾くまでに何時間もかかるため、下絵と範囲の広い部分だけは予めスタッフが描いておき、他の部分を子ども達が塗りました。

今回は冬をテーマにして「雪だるま⛄」の絵の塗り絵に挑戦!。子ども達には、雪だるまの帽子やボタン、周りの雪などに色付けをしてもらいました。また、クリスマス🎄にちなんで、星やプレゼントなどにも色付けしました🌟

 塗り絵が大好きな子ども達ですので、興味津々でガラス絵の具を見ていました。絞り出しながら色付けをしていったので、コツを掴むまでに時間がかかりましたが、スタッフと一緒に行なう子や、1人でギュッと手に力を入れて絞り出す子など、頑張って取り組む様子が見られました。ボトルは細めでしたのでちょうど握りやすく、大きい子は力を加減しながら絵の具を出す事もできていました。

 さまざまな素材を使った体験を通して、これからも手先を使った活動を行っていきたいと思います。          藤田

言葉の発達に効果的なのはお手伝い?!😲

 

2021/12/10

 

いつもご覧いただきありがとうございます。本日は、「言葉の発達」について研修で学んだ内容をお伝えします!

 

皆さんは、ディスレクシア(発達性読み書き障がい)というものをご存じでしょうか?

言葉の言い・聞き・書き誤りが多い、逐次読み・予測読みをする、といった読み書きに著しい困難を持つ症状のことで、言葉の発達にも繋がってきます。

 

そこで、本日は発語の遅れがある子にも効果的なご家庭でも出来るものとして「おつかい学習」をご紹介したいと思います♪

 

おつかい学習とは、お手伝いのことです。

聞いたものや見たものを「とってきて欲しいな」「一緒にほうきでお掃除してくれる?」と言い、お手伝いをしてもらいます。

子ども達は「氷山の一角」のように、実際に出ている言葉以外にも、実は言葉の理解や情報をたくさん持っています。

実際に「持ってくる」「掃除する」などという動作をすることで事物の理解や言語情報に繋がり、それが言葉に繋がっていきます✨

 

おつかい学習(お手伝い)は言葉を促す以外にも

①生活機能訓練の向上になる

②「ありがとう!助かったよ!」という感謝や褒め言葉を伝えることで、子ども達の自己肯定感に繋がる

というメリットがあります。

 

ナナホシでも普段から土曜日のイベントなどでお手伝いをしてもらい、子ども同士で言葉のやりとりもして楽しんでいます♪

ぜひご家庭でも言葉の発達を促す一歩として行ってみてください♪

   伏屋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引用:DVD~ことばの発達と障害~ 【講演者】古山慎治

もっちもちで気持ちいいね😊

 

2021/12/9

 

 いつもご覧いただきありがとうございます。

 最近、子ども達はモチモチの感触に夢中になり、小麦粉粘土やスライムで楽しく遊んでいます💛

 小麦粉粘土では、手のひらで握り込みながらモチモチを感じたり、指先を使って小さくちぎったりしたりしています。気持ちのいい感触なので、繰り返し楽しんでいる子ども達です!スライムは、ビヨ~ンと伸びるのが面白くて、どこまで伸びるのかを試しながら伸ばして遊んでいます。棒状にしたスライムの端っこをテーブルにくっつけて、反対側の端を持ってゆっくりと、ちぎれないように加減しながら伸ばしています。力加減が大事なので、子ども達は慎重に伸ばしています。

 感触遊びで指先の動きを高めたり、力を加減した動きを身に付けたりと、成長している子どもたちに嬉しく感じている毎日です😊

これからも、楽しみながら成長を促していける支援を行っていきたいと思います。     藤田

🍂落ち葉でアート🎨

 

2021/12/7

 

 いつもご覧いただきありがとうございます。

 12月4日(土)にイベントで先日拾った落ち葉を使って、『落ち葉アート』をしました。

 貼る時に木工用ボンドを使って貼ったのですが、べたべたする感覚が苦手な子もいるので、スプーンを使いました。苦手な子も嬉しそうにボンドを使って製作することができました😊

 ハリネズミの形の台紙に「針」の部分を落ち葉で表現しました。細長いものを選んだり、手の形のものを選んだりと、それぞれで好きな形なものを貼っていました。貼っていくたびに「わ~💕」と喜ぶこども達😊とっても真剣に貼っていました。

 貼り終わったら、周りに絵を描きました。大好きな電車を描く子や、囲いを描いてみる子など、個性的な作品に仕上がりました!

 持って帰ってお家の人に見てもらい、「上手にできたね!」と褒めてもらって、嬉しそうでした。

 これからも、身近な素材が変身する様子を感じたり、自分の手で変化させる楽しさを味わったりができるような体験を計画して、育ちに繋がる支援していきたいと思います。                  藤田   

🍂落ち葉がいっぱい🍂

 

2021/12/2

 

 いつもご覧いただきありがとうございます。

 秋が深まり、落ち葉がたくさん落ちてきたので、近所の公園へ出かけて落ち葉遊びをしました。たくさんの落ち葉を見て大興奮の子ども達!「わ~い!」と駆け出していきました。

 スタッフが落ち葉を集めて上に舞い上げるのを見せると、「僕も!」と両手にいっぱいの落ち葉を掴み、「えい!」と天高く舞い上げて大喜び!

 次に、「見て!いろんな形の葉っぱがあるよ。」と1枚の大きな葉っぱを見せてみました。「僕も、大きい葉っぱ欲しい!」と、一生懸命目を凝らしながら、葉っぱを探す子どもたちでした。お目当ての葉っぱを見つけると、「あったよ!」と嬉しそうに見せてくれました。「黄色い葉っぱもあるよ。」「これは、赤いね。」と、いろんな色があることも知ることができました。

 次のイベントで『落ち葉アートあそび』を行うので、その葉っぱも集めて帰りました。

 葉っぱでどんな作品が出来上がるでしょうか…。お楽しみに!         藤田

岐阜県からの「新型コロナウイルス感染症非常事態宣言」 に係る休業要請による、

事業所内サービスの臨時休業延長について

 

2020/04/28

 

令和2年4月24日付で、岐阜県健康福祉部長から

「新型コロナウイルスの感染拡大防止のための障害児通所支援事業所の使用制限等の期限の延長について」

にて、休業等の協力要請期間を5月31日(日)まで延長する旨通知されました。

通知文書(指定障害児通所支援事業所運営法人代表者様)(PDF:197KB)

 

これを受けまして、ナナホシ全事業所では、臨時休業期間を5月31日まで延長し、

期間中の(事業所内でのサービス)を下記4月13日記載の内容で、継続して行うことといたしました。

 

スムーズな通所再開に向けて、より一層尽力いたしますので、

代替サービスでの支援の継続にご理解とご協力をお願いいたします。

 

 

 

休業期間中の代替えサービスについて

 日頃はナナホシ岐阜事業所へのご理解ご協力をいただき、誠にありがとうございます。

4月にスタートしたばかりのナナホシ岐阜 児童発達事業所ですが、この度の臨時休業に伴い、様々な代替えサービスを行っております。

朝の体調管理のご連絡の際には、子ども達の元気な様子をお伝えいただき、スタッフ一同とても楽しみにしています♪

また、家庭訪問の際には「先生、遊ぼう!」と無邪気に誘ってくれる子ども達。一日も早く日常が戻り、子ども達と一緒に運動遊びが行なえる日が来るのを願うばかりです。

ホームページでは楽しいダンスや運動遊びを動画配信しておりますのでぜひ、お子様と一緒にご覧ください。支援再開となった時には、みんなで一緒にダンスや体操も行っていきたいと思います(^_-)-☆

 

今週中には、ご家庭でできる運動遊びを盛り込んだ通信もお届けする予定です。「こんなこと知りたい」「こんなこと困っています」

など、ご相談事がありましたら、ぜひお知らせください☆彡

                               令和2年4月21日 ナナホシ岐阜事業所 児童発達支援スタッフ一同

岐阜県からの「新型コロナウイルス感染症非常事態宣言」 に係る休業要請による、

事業所内サービスの臨時休業について

 

2020/04/13

 

岐阜県からの休業要請をうけ「ナナホシ全事業所」では、児童・職員のウィルス感染を防ぐため、下記の期間中は

(事業所内でのサービス)を臨時休業致します。 職員の体制は縮小し、下記時間帯に(代替サービス)を実施します。

 

臨時休業期間  413日(月)~  56日(水)

      *非常事態宣言解除まで

 

代替サービス時間     10:0016:00

 

 

代替サービスの内容

・電話、メールによる児童の健康管理、生活リズムの管理
・家庭訪問による児童、保護者との面談による状況把握、個別相談
・ホームページ内での「遊び動画」の配信と連絡


上記のように、状況が落ち着いた後のスムーズな通所再開に向けた準備を行っておりますので、

代替サービスでの、支援の継続にご理解とご協力をお願いいたします。

 

ナナホシ職員一同

 

 

※新型コロナウイルス感染症の対応につきまして

 

 

  日頃よりナナホシの活動にご協力いただきありがとうございます。

現在流行しております、新型コロナウイルス感染症への対策につきましてお知らせいたします。

 

 

ご利用時の注意点

 

1.基本的にインフルエンザと同様、厚生労働省の掲示に基づき、手洗い、うがい、消毒を徹底いたします。

 

2. 利用予定日の当日、ご自宅で検温をおこない、熱があるときは事前に必ずライン又はメールにてご連絡をお願いいたします。

 

3.お子様の送迎時と来所の際には、体調確認をさせていただきます。

 

4.37.5度以上の熱、咳、過去に発熱が認められた場合には解熱後24時間以上が経過し呼吸器症状が改善傾向となるまではお休みしていただきます。

 

5.感染を防ぐため、感染リスクの高い場所での外出イベント等は変更させていただく場合がございます。

 

 

政府から新たに方針が発表となった場合は、改めて通知させていただきます。

 

皆さまには大変ご心配のことと存じますが、ご協力の程よろしくお願いいたします。

よろしくお願い致します。(令和2年4月1日)

 

 

1.感染防止のために

・手洗い、手指などの消毒をしてください。

・マスクをお持ちの方はマスクの着用をしてください。

 

2.蔓延防止のために

次の症状がある方は事業所まで連絡をしていただき、来所をせず自宅で療養してください。

・検温時に37.5度以上の熱がある

・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある

また、家族や接触の多い人に、下記の症状がある方がいる場合も、出勤(来所)せず、自宅待機してください。

・風邪の症状や37.5度以上の熱が4日間続いている

・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある